自営者カードローンの中身

借りられるのはうれしい。でも、総量規制外だからこそ、借り過ぎないように気をつけないと、多重債務者になってしまうかも。

借りられるのはうれしい。でも、総量規制外だからこそ、借り過ぎないように気をつけないと、多重債務者になってしまうかも。

では、自営者カードローンとはどのようなものでしょうか。大雑把には以下の通りです。

貸付限度額…300万円
貸付利率…実質年率7.90%~17.80%
遅延利率…実質年率20.00%
返済方式…残高スライド元利定額返済方式
契約期間…5年間(期間満了後、5年ごとの自動契約)
貸付対象者…堅実な事業及び生計を営み、かつ収入と不調和な債務をお持ちでない方
担保・保証…担保および保証は必要ありません
資金使途…自由
必要書類…確定申告等

経営状況などの条件によって借入は最大300万円可能。かなり大きな金額です。しかも、貸金業者であるから、銀行よりも審査が迅速であろうことが予想でき、自営業者には魅力的な話となります。

懸念することは…。

これまで、個人事業者はプロミスが自営者もOKとして展開していた無担保の個人向けフリーローンのほか、個人契約で貸金業者から借金をして、自営の資金にまわすなどしてきました。なかなか思うようにお金を借りることができず、かつ銀行のように融資に時間がかかるものでは対応できない、急に資金が必要になる場面が多かったからです。
今回、プロミスの「自営者カードローン」は確かに心強く、ぜひ利用したいと思うかもしれませんが、金利は最大17.80%。決して安くはありません。
自営者を応援する商品は歓迎したいのですが、総量規制の枠外で借入をしすぎ、返せなくなってしまった、ということがおきないよう、注意が必要ですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。