ギャンブル依存症という「病気」

ギャンブル依存症は立派な病気です

ギャンブル依存症は立派な病気です

「いつもパチンコで勝った時のことを考えている」「だんだんパチンコに使うお金が増えている」「競馬にお金をかけすぎて、次の給料日までの生活費がなくなった」。

こういった行動をとる方は、ギャンブル依存症の疑いがありそうです。ギャンブル依存症は体に異変がないために病気とは思われませんが、周囲にいる人々、特に家族に大きな影響をもたらし、精神的なダメージを負わせる可能性が高い、立派な病気といえます。

ギャンブル依存症とは、ギャンブルによって経済的、社会的、精神的な不都合が生ずるにもかかわらず、止めることができない状態のことを指します。「病的賭博」と診断され、世界保健機関(WHO)も認めている病気の一つなのです。

アメリカ精神医学会でその診断基準になる設問が公開されているとともに、自助グループなどから診断につなげる設問項目が作られており、ギャンブル依存症に伴う様々な問題が検討されています。

気がつかないままギャンブル依存症に

依存しやすいものにはアルコール、薬物、ニコチンの物質や、買い物などの行為などがありますが、その中でもギャンブルは賭け事をしている行為に対する依存性が強いもので、本人には自覚しにくい病気だそうです。

ギャンブルに触れる機会は、友人に誘われたりと気軽な場合が多いようですが、依存症となるきっかけは精神的に弱っているときで、落ち込んでいる気持ちの部分の穴埋めをしようとして始めるとすっきりし、その落ち込んだ気持ちをなくしたくてまたギャンブルをする、そういう形から始まることが多いようです。

そのため、本人はギャンブルに対して「意志が弱くてなかなか止められないんだよなぁ」という程度の意識で捉えていることが多く、また周囲の人も「あいつは意志が弱くてだめだ」というような目で見ているにとどまることが多いです。

ですが、次第に一度の勝ちでは満足できず、より利幅の大きい勝ちを求め、負ければその負けを取り戻そうと躍起になる。そのようにしてだんだんと進行していきます。「次はきっと勝つ」そういう思いで続けるのですが、ギャンブルは継続することで確実に負ける仕組みになっているので、だんだんとマイナスのスパイラルにはまってくのです。

そのために、お金が足りなくなると借りてまでギャンブルを続けようとし、借金問題へと発展してしまうのです。

借金とギャンブルの密接な関係は?詳しくは次ページ>>>