息子から過分の借金があると聞いた母

わが子が多重債務。親としてどうする?
わが子が多重債務? 親がどうすると、一番の助けになるの?
“先日、東京で一人暮らしをしている息子から「お金を借りすぎてしまい、返済することができなくなった。必ず返すから、300万円貸してもらえないだろうか?」という話をされました。私は息子のことが心配なので、親として何とかしてあげたいとは思っているのですが…。そんな大金を工面してあげるほど余裕もないのですけど。(46歳・パート)”

こういった、相談をお聞きすることがあります。子どもからこんな話を聞くと「親にまで言うのだから、よっぽど困っているんだろう」と悩むことでしょう。

この種の相談、実は意外と多いのです。どうすればいいと思いますか? 子どもがまだお金を借りられる年齢ではないという方もいるでしょうが、もしも将来こういうことを聞いたらどうすればいいのかを、一度考えてみてはどうでしょう。

ありがちな考え方は失敗になる!?

親として、わが子を心配する気持ちは非常に分かります。ただ、どうすればいいのか?というよりも、「どうすることが本人(わが子)には良いのか?」という“本人の今後”という視点で考えてあげるべきです。

本人の今後のことを考えて… というと、決まってこう考える親がいます。
「返せなくて自己破産なんかさせたら一巻の終わり。クレジットカードやローンが利用できなくなっては可哀想だし、親の責任でもある。仕方ないけど、今まで貯めたお金や親戚の余裕のありそうな人に話しをして借りてあげよう」という、ありがちな考え。

こう考え、行動した親の子ども。どうなるでしょう? 100%とまでは言えませんが、大部分は失敗します。失敗というよりは、子どもの金銭面の考え方をダメなままにさせたり、余計に苦しめることになる、ということが起こり得るといった方が適切かもしれません。現実、借金に困った人(特に若年層)の過去を聞くと、「一度目は親に…」という手段を講じた人も多いわけです。

わが子は貸金業者の優良顧客“鴨ネギ”

お金をなんとかカンとか準備し、子どもに貸すもしくは援助としてあげたとします。本人のお金というものに対する捉え方やメンタリティ問題はちょっと置き、例えば現実問題どのような影響が出るのかを少し探ってみましょう。

親が用意したお金で子どもは各社の借金を完済します(一部の業者にだけ返済して「全部払った」とウソをつく、心の腐った人も世の中にはいますが)。完済したら、貸金業者はどう考えるでしょう。「この人に貸しても大丈夫。もしかすると強力なスポンサーもついているかの??」などと受け取るところもあるでしょう。

また、貸すことが仕事なのですから、業者によっては「○○さん、この前はありがとうございました。今まで50万円の上限枠でしたが、現在は100万円まで自由に使えるようにしてありますから」と余計なことをして、連絡を入れてくるところもあるわけです。人は弱いものです。再度、誘惑に駆られてしまうことだって十分にあるわけです。こういった人を貸し手は優良顧客という区分で扱い、鴨がネギ背負って来ると思われているかもしれません。