「過払い金」私にもあるかも?

お金を借りたことがあると、過払い金がある?

お金を借りたことがあると、過払い金がある?

お金を借りることを経験したことがある方は、これまで様々な「過払い金」の広告を見てきていると思います。「自分にも過払い金があるのかも」と感じているかもしれません。

2010年6月に改正貸金業法が完全施行され、お金を借りる仕組みが大幅に変わりました。金利の上限も、これまでの利息制限法の範囲内である15%~20%に統一されて定められました。

そのため、この新しい上限金利と出資法の金利である上限金利29.2%の間の、いわゆる「グレーゾーン金利」でお金を借りていた人は、お金を払い過ぎになっている可能性が高い……ということで、改正貸金業法完全施行前後は「過払い金返還請求」についての広告が法律家の間でもヒートアップしたのです。

もちろん、グレーゾーン金利でお金を借りたことがある方すべてに過払い金が発生するわけではありません。その金利で借りていた期間や借り方、返し方にも影響されます。

だいぶ広告が少なくなってきた今、「過払い金の対象だったかもしれないけれど、もう遅いかも」と思っていませんか。金利の引き直しの対象は10年以内。もしかすると、まだ間に合うかもしれません。

完済していても、対象になる可能性がある

もうすでに返し終えていて(完済)、対象にはならないかもしれないと思う人もいるかもしれません。でも、完済していても10年以内の取引であれば、過払い金の返還請求は可能です。

取引の明細などが既にない場合でも、借りた会社に取引履歴を請求することで、過払い金が発生しているかどうかを知ることができます。

もしかすると自分にも過払い金があるかも、と思った方は、信頼できる法律家に相談するといいでしょう。自分で取り返すという方法もネット上では紹介されていますが、過払い金で経営を圧迫される結果になった貸金業界では、素人相手にはなかなか履歴を開示してくれないようです。専門家に頼るほうが確実です。

過払い金を返してもらうデメリットはある?次ページへ>>