過払い金を取り戻したらブラックリストに載る?

払い過ぎた分を返してもらっただけのことなのに…

払い過ぎた分を返してもらっただけのことなのに…

グレーゾーン金利で長期間のキャッシング利用があると、借金がなくなり、払い過ぎた部分(過払い金)が発生していることもある、ということを以前「あなたにも払い過ぎたお金が戻ってくる?」でお伝えしました。また、実際に過払い金を取り戻すとなれば、個人信用情報に記録されることになります(これを俗称「ブラックリストに載る」「ブラックになる」と言います)。

しかし、そもそも過払い金の返還請求は「債務整理」なのでしょうか。払い過ぎていた部分を取り戻すことが、「事故」なのでしょうか。そこには「貸金業者側」と「取り戻す側」の認識の違いがあるようです。

黙っていれば、個人信用情報記録に事故情報として記載されることになります。不要な制限がされると感じるのなら、「ブラックリストから消してください!」と主張してみる手もあります。

ブラックリストに載るのが怖い! その影響とは?

「ブラックになる・ならない」ということを、強く気にする人は多いものです。個々の価値観の問題ですが、借金がなくなり、お金が戻ってくるという状況が明確なのに、個人信用情報に記録されることを懸念し、過払い金返還請求に踏み込まない人もいるようです。

「何百万円も取り戻せそうだ!」ということならば迷いはしないでしょうが、そう大きく期待できないのなら、少し躊躇して考えてしまうのかもしれません。

ご存知のように、個人信用情報記録に事故情報と記載されると、5~7年くらいの間ローンやクレジットが組めない、新しいカードが作れないなどの不利益が発生します。しかし、いずれも金銭面の支障だけであり、生きていく上で大きな障害とまではいきません。

いくら業者側に不利益を与えたとしても、人権まで制限させることなど筋違いなのです。つまり、人生の欠落者などと感じる必要もないわけです。情報機関は貸金業者側のために存在している要素が強く、民間の情報機関であり公的なものではないため、戸籍などにも一切影響はありません。