ここは見とけ!トロントの観光スポット

ここだけはみておきたい、トロントの観光名所を5つ厳選しました。ご参考にどうぞ!
CNタワーとトロントの高層ビル群の夜景undefined(C) Tourism Ontario

CNタワーとトロントの高層ビル群の夜景 (C) Tourism Ontario

CNタワー

完成当時から世界一高い建物として長きにわたり知られ、その座はドバイのビルに抜かれ、東京スカイツリーにも抜かれてしまいましたが、それもで、高さ553.33mのこの建物はトロントの象徴で、人気ナンバーワンの観光名所です。

詳細はこちら>>>CNタワー/トロント


カサロマ城 

お城のようなたたずまいのカサロマundefined(C) Tourism Ontario

お城のようなたたずまいのカサロマ (C) Tourism Ontario

「城」といっても実際のお城ではなく、20世紀初頭、大資産家によって建てられた城を模した大邸宅です。地上3階、地下1階、それに建物の一部が塔になっていて、総部屋数は98室にも及びます。これはカナダにある個人の邸宅としては最大の建物。建物の周囲は英国調の庭園になっており、建物内部だけではなく、ガーデンでの散策もぜひ!

<DATA>
Casa Roma
入場料:大人25カナダドル、シニア(60歳以上)及びユース(14~17歳)20カナダドル、子供(4~13 歳)15カナダドル
営業時間:9:30~17:00(毎日開館。ただし12/24は13:00まで、12/25は休業)
アクセス:地下鉄デュポン駅から徒歩約10分

 

市役所

クリスマスのイルミネーションが美しいトロント市役所undefined(C) Tourism Ontario

クリスマスのイルミネーションが美しいトロント市役所 (C) Tourism Ontario

扇状の建物が対になった印象的なデザインが特徴。この建物、1965年にオープンしたといいますから、今から40年以上前にデザインされたということになりますが、今もって古さを感じさせません……。この市役所の前は大きな広場になっていて、冬はスケートリンクになり、クリスマスイルミネーションが灯されたりと、イベント会場のような場所です。

この印象的な建物、デザインしたのは日系三世の建築家ブルース・クワバラ氏。カナダでは著名な建築家の一人です。そして、この印象的なデザインがゆえに、スタートレック、バイオハザード、タキシードなど、数々の映画のロケにも使用された、映画通の間では、ちょっとした名所としても知られています。

 

トロントアイランズ

緑豊かなトロントアイランズは、フェリーでたった15分undefined(C) Tourism Ontario

緑豊かなトロントアイランズは、フェリーでたった15分 (C) Tourism Ontario

オンタリオ湖に浮かぶこの島は車の乗り入れが一切禁止されており、緑豊かな自然に恵まれている、トロント市民の憩いの場。サイクリングやピクニックなどにもってこいで、レンタル自転車もあります。また、島へ渡るフェリーは、トロントの町並みを眺めるベストスポット。特に夜景は一見の価値あり。

<DATA>
Toronto Island Park
アクセス:フェリーを利用して、島の中心センターアイランドまで約15分。
フェリー料金:大人7.50カナダドル、シニア(65歳以上)・学生5カナダドル、子供(14歳以下)3.65カナダドル
スケジュール:夏場はほぼ30分おきに運行されていますが、冬場は2時間程度の間隔になることもあり。頻繁にスケジュールが変更されるので、出発前に要確認

 

ディステラリー地区

19世紀の息遣いが今に伝わるディステラリー地区undefined(C) Tourism Ontario

19世紀の息遣いが今に伝わるディステラリー地区 (C) Tourism Ontario

19世紀に建てられた工場や建物など、重要文化財に指定されたビクトリア調の建物が数多く残る場所でしたが、10年前に改装され、現在はカフェ、ビストロ、ミュージアム、ギャラリーなどが集まるトロント随一のエンターテイメントスポットとして人気を集めています。

<DATA>
Distillery District
入場料:無料
営業時間:月~水曜0:00~19:00、木~土曜10:00~20:00、日曜11:00~17:00
アクセス:ダウンタウンから路面電車504系統に乗り、 King St.&Parliament St.にて下車。南に徒歩5分