ボク、ポメラニアンのレゴラスです。(アライグマじゃないよ!)

ボク、ポメラニアンのレゴラスです。(アライグマじゃないよ!)

なかなか景気回復が実感できず、消費を控えている人が多い中、元気いっぱいの業界があるそうですが、皆さんはご存知ですか? それは、ペット業界です。実は先月(2010年7月)、ガイド平野も犬(ポメラニアン)を飼い始めました。飼ってみて分かった意外な費用など、今回は、ペットに関する最新の消費傾向について解説します!

【今回の記事のインデックス】
みんな、どれくらいペットにお金をかけている?……1P
意外とかかった! こんな費用……2P
ペットにかける費用は、節約知らず?……2P

右上の写真は、わが家の愛犬です。初めてわが家に来た頃は手のひらに乗るくらいとても小さくて、ぬいぐるみのようでした。飼育に必要なものを揃えるため、ペットショップの店内を巡ってみてビックリ! さながらスーパーのペット版! といった感じで、フードから日用品、小物に至るまでありとあらゆる物が、種類も多くて選ぶのに迷ってしまうくらい揃っていました。

店内にはトリミングやペットホテル、さらには曜日限定ですが動物病院も併設されていて、ここに来ればなんでも完結してしまいます。買い物に来る人も、愛犬や愛猫をカートに乗せて店内を回っていて、まるで子ども連れのファミリーで賑わうショッピングセンターのようでした。

 

みんな、どれくらいペットにお金をかけている?

さて、買い物の中身ですが、フードやトイレシーツなどの消耗品は、ある程度まとめ買いをしています。中には缶詰のフードやおやつなど、いい値段の物もありますが、わが家のワンちゃんにはちょっとガマンをしてもらうことにして、健康に配慮されたフードをチョイス。それでも、おもちゃやケージなどを購入したので、3万5千円ほどかかりました。

ところで、皆さんは、具体的にどのような物にいくらぐらいお金をかけているのでしょうか? ペット総研のアンケート調査から、犬と猫の飼育費に関するデータをご紹介します。(犬や猫の種類にもよりますが、犬、猫それぞれ全体の平均をまとめてみました。)

ペット総研 アンケート調査結果「教えて!愛犬の飼育費」「教えて!愛猫の飼育費」をもとにガイド平野が表作成(クリックで拡大表示します)

ペット総研 アンケート調査結果「教えて!愛犬の飼育費」「教えて!愛猫の飼育費」をもとにガイド平野が表作成(クリックで拡大表示します)


犬と猫の飼育費を比べてみると、「ペットフード代」の月平均額は、犬が2,367円に対して猫は1,639円です。犬の方が多いのは、体の大きさも影響しているのかもしれません。「おやつ代」は、犬785円に対して猫は313円で、猫と約2倍の開きがあります。犬には「お手」や「お座り」などの芸をさせて、そのご褒美におやつをあげるからでしょうか……。

「トイレ用品代」は犬も猫もあまり差がありませんが、洋服やおもちゃなどでしょうか、「その他、ペット用品代」は犬が1,001円に対して猫は475円、とやはり猫の倍以上かけていました(そういえば、服を着た猫は見かけませんね)。このほか、「ペットサロン代(シャンプー・トリミングなど)」:月平均1,096円や「ペットにかかるレジャー代(ドッグラン利用料・ペット同伴宿泊施設の愛犬宿泊費など)」:月平均443 円など、猫にはない項目もありました。

そういえば、最近ドッグランやペット同伴宿泊施設が随分増えたように感じます。こうしたサービスも利用すると、合計で月平均1万円以上犬にかけていることになります。猫は合計でも月平均5,177円と、犬の費用のほぼ半分ですね!

>>意外とかかった! こんな費用……でも節約はしない?