マンションは「収納力」がカギ

収納量は十分ありそうですか?

収納量は十分ありそうですか?

マンション住まいの悩みと言えば、戸建住宅に比べ「収納が少なめ」なこと。マンションの間取りを決めるとき、収納スペースよりも部屋の大きさ(LDや個室:○○m2)が優先されてしまうことは、残念ながら多々見受けられます。

でも、住まいの”収納力”はかなり大事な部分。収納スペースが少ないと、結局は室内にモノがあふれてしまい、快適なマンションライフを脅かす可能性だってあります。

 

収納の面積、位置、形を間取りでチェック

それでは収納の「面積」だけが確保されていればいいのでしょうか。確かに「収納量は住戸全体の○%以上」とうたい文句にしているマンションもありますが、面積だけ大きければよいというわけではありません。

廊下にあるのかリビングにあるのかといった収納の「位置」や、収納したいモノがしまいやすい間口や奥行きになっているか、客用布団をしまえるのかといった収納の「形」、その両方を注意してみてみましょう。
 

マンションの間取り例 

それでは参考に、マンションの間取り例を取り上げます【図1】。約70m2、2LDKのファミリータイプです。

【図1】マンションの間取り例(クリックで拡大)。ピンクの部分が収納です。

【図1】マンションの間取り例(クリックで拡大)。ピンクの部分が収納です。


個々の収納について、優れている点を次のページで解説します。