もう1つの大切な家計管理

人生という長い目で家計を見ることが大切です

人生という長い目で家計を見ることが大切です

これまで家計管理を手軽にインターネットで、ということでオンライン家計簿と資産管理サービスを紹介しました。ここで、もう1つ考えなければならないことは、家計簿や資産管理はなぜ必要かということです。「家計簿をつけて、家計を節約して貯金が増えた」とか、「資産管理で家計の資産と負債の状況がわかるようになった」だけが家計管理ではありません。

そもそも家計管理とは、家族のライフプランを実現するように家計を管理することです。家族のライフプランを実現するためには、毎月の給料や生活費などの支出を管理するだけでは不十分で、子どもの教育費や住宅購入資金、老後の生活資金など、将来に発生する費用を念頭に置いて計画的に貯蓄をすることが大切です。また、効率的に資産を形成するために投資をする場合には、資産全体で運用状況を把握する必要があります。また、将来の支出に備えてどの位の資産が形成されているか確認することも重要です。

つまり、家計簿や資産管理簿は、家族のライフプランを盛り込んだ、生涯のキャッシュフロー(人生を通してのお金の出入り)を実現するための、現状把握のためのツールに過ぎないということです。ライフプランをしっかり立て、生涯キャッシュフローの大まかな目標を定めないまま、家計簿をつけたり、資産管理をしても、それは目標もなくただ記録しているだけになってしまいます。家計管理の基本は、ライフプランと生涯キャッシュフローの予測を作ることです。人生という長い目で家計を管理していくことが本当の「家計管理」の意味なのです。

家計管理の流れ

家計管理の流れ

YOMIURI ONLINE ライフプランシミュレーション
ハッピーライフ度を点数で診断できます。

生活設計診断“ミニ”
金融広報中央委員会が運営する「知るぽると」のコンテンツ。将来の家計を天気予報のように予想します。


Webサービスは帯に短く、襷(たすき)に長し

今回は、Webで家計管理をする方法として、オンライン家計簿、資産管理サービス、ライフプランシミュレーションを紹介しました。家計簿サービスは、資産管理機能に弱く、資産管理サービスは収支管理に弱い、とそれぞれ一長一短です。また、家族のライフプランを実現するための家計管理という視点でとらえると、オンライン家計簿も資産管理サービスもまだまだ不十分と言えます。

オンラインで無料ということを考えるとサービスを提供する側の思惑があってのサービス提供なので、全てが揃ったものを見つけることは難しいのかもしれません。3つのサービスを利用すると、実はかえって手間がかかってしまうのかもしれません。

そんな場合は、家計簿(収支管理)や資産・負債管理、ライフプラン機能が備わったマネー統合ソフト(有償)を検討してみましょう。

あなたに合った家計管理の方法を見つけてください。


【関連記事】
不況に打ち勝つ家計術、家計の「5S」
家計改善3ステップ「見える化・わかる化・できる化」
人生の収支を黒字化する「人生家計簿」
家計の「見える化」で、安心マネープラン
三日坊主にならない家計簿のつけ方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。