次に覚えたい、トルコ語基礎フレーズ

かわいいトルコのおばちゃんとは是非トルコ語で会話してみて!

トルコのかわいいおばちゃんとは是非トルコ語で会話してみて!

一方、ホスピタリティー溢れるトルコ人ですから、旅行中現地のトルコ人に色々お世話になることも多いと思います。そんな時には、やっぱり現地語でお礼を言いたいですよね。

ありがとう Tesekkur ederim (テシェキュレデリム)

こちら、結構難しそうな言葉ですが、裏技として「ティッシュくれ」と言うのでも通じます。これなら覚えやすいかも? また、トルコにはフランス文化が多く取り入れられているため、

ありがとう Mersi (メルシ)

でも十分通じます。同様に、ちょっと人にぶつかってしまった時など、フランス語の、

すみません Pardon (パルドン)

が活用できますので、覚えやすいですね。この他、覚えておきたい単語として、“Yes/No”があります。

はい Evet (エヴェット)/いいえ Hayir (ハユル)

例えば、道端で名物ゴマパンを買う程度ならトルコ語だけでもなんとかいけそう!

例えば、道端で名物ゴマパンを買う程度ならトルコ語だけでもなんとかいけそう!

完全なトルコ語会話は難しいとしても、せめて否定・肯定ぐらいは理解しておきたいもの。特にしつこいトルコ人に対しては、はっきり“Hayir”(ハユル)と言いたい場面がでてくるかもしれません。

また、何かお願いする時に語尾につけるだけで立派な文章表現になるのが「お願いします」と言う意味の“Lutfen”(リュトゥフェン)です。これはお店や交通機関などでとても便利。例えば喫茶店でお茶(チャイ)を注文したい場合、

チャイください 
Cay lutfen (チャイ リュトゥフェン)

……だけで済みますし、タクシーに乗ってタキシムという場所に行きたい場合には、

タキシムお願いします 
Taksim lutfen (タキシム リュトゥフェン)

だけでいいのですから、使い勝手がいいですね!