経済的な理由で進学をあきらめたくない、あるいはあきらめさせたくないとき、「奨学金」は大きなサポートとなります。今回は、大学独自の奨学金のタイプを整理しましょう。


大学独自の奨学金のタイプ


少子化が進み、学生の大学全入時代に突入しています。それに伴い、大学は優秀な学生を集めるため、大学独自の奨学金も充実させる傾向にあります。

あなたが狙っている大学にある奨学金はどのタイプなのか、あらかじめ確認をしておきましょう。

タイプを整理すると次の6つになります

<1>条件を満たした上で合格すると受けられる奨学金
<2>入試の成績で後から決まる奨学金
<3>入学後の成績で選ばれる奨学金
<4>申請をして選考を受ける奨学金
<5>教育融資の利息を補填する奨学金
<6>教育ローン制度


頼みの綱の奨学金。一番助かるのは、合格=奨学金適用となるタイプ。

頼みの綱の奨学金。一番助かるのは、合格=奨学金適用となるタイプ。