【お正月】門松風洋風生春巻きのレシピ

所要時間:30分

カテゴリー:春巻き生春巻き

 

門松風洋風生春巻きのレシピ

生春巻きに生ハムやチーズを巻いて、門松風に盛り付けしました。目にも楽しく、お酒のおつまみだけでなく、お子さんにも喜んで食べていただけるお正月らしい一品です。

門松風洋風生春巻きの材料(4人分

門松風洋風生春巻きの材料
生ハム 8枚
アスパラガス 4本
1個(薄焼き卵用)
モッツァレラチーズ 適量
ルッコラ 適量
水菜 少々
ライム お好みで
ライスペーパー 4枚(生春巻きの皮)

門松風洋風生春巻きの作り方・手順

門松風洋風生春巻きの作り方

1:

アスパラガスは塩ゆでして冷水に放った後、水気をよくおさえておきます。水菜は根元を落とさずにそのままさっと熱湯に通してから冷水にくぐらせ、水気を絞っておきます。ルッコラは水洗いしてから水気を拭き取ります。卵を溶きほぐし、薄焼き卵を2枚作って、それぞれ半分に切ります。モッツアレラチーズは包み易いように縦長に切ります。

2:

ボールやタッパーにぬるま湯を入れ、生春巻きの皮をざっとくぐらせます。

3:

濡れたまま皿の上に置いて1~2分置くと、皮がやわらかくなります。生ハム、薄焼き卵、チーズ、ルッコラを並べて両端を内側に折り込み、手前からすき間がないよう一度巻きます。アスパラガスの先端を出すようにして巻く方向に対し横向きに置き、すき間がないように最後まで巻いていきます。

4:

巻き終わった春巻きを半分に切り、アスパラガスの穂が出ている方を中央に置きます。残りの半分を斜め切りにして半分にし、もう一方の生春巻きを両方にして挟み、水菜でぐるりと囲んで結びます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ハムやチーズを巻いているので、ソースいらず。お好みでライムを絞って召し上がってください。生春巻きの皮は、一枚ずつぬるま湯で戻して作りましょう。戻した皮を重ねてしまうと、くっついてしまうので気をつけて下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。