名づけで大切なことは、どういう名前をつけるかということより、どういう名づけをするか、という「名づけ」の感覚、姿勢です。お子さんに大きく影響するのは、名前自体ではなく、名づけのときの感覚、姿勢のほうです。よい感覚、姿勢が結果としてよい名づけ、よい名前につながります。
 

名前の良し悪しよりも親の名づけの姿勢が大切

姿勢

名づけの姿勢がよい名づけ、よい名前につながる

名づけで大切なことは何か、ということは世の中ではほとんど知られていません。法律で決められているのは「14日以内に出生届を出すこと」と、「名前に使える字の範囲」だけです。そのほかのことはまったく自由で、かえってそのためにどうやって名づけをしていいかわからず、多くの人が戸惑ったり、悩んだり、混乱したり、後悔したりしています。

これは世の中で「名前」の良し悪しばかりが言われ、「名づけ」の大切さがほとんど知られていないためなのです。「この名前、いい名前ですか?」とか「いい名前を教えてください」と言われるかたは多いですが、名前自体を「いい名前」「悪い名前」というふうに色分けすることより、大切なことは親自身の「名づけ」の感覚、姿勢のほうなのです。お子さんには、名前自体ではなく、親の感覚、姿勢のほうがストレートに伝わります。
 

読めない名前はなぜいけないの?

たとえていえば、人に読めない名前は、社会生活で混乱をおこし、多くの人に迷惑をかけます。しかしながら「読めなくてなぜいけないんですか」と言われるかたもいます。この場合、その名前自体がよいか悪いかを議論してもムダです。なぜいけないのかわからない、ということが問題なのです。

お子さんは一生のあいだ、直接、間接にたくさんの人と関わります。そういう人たちを大切に思わず、迷惑も気にせず、お子さんだけ幸せになってほしい、などと願い、その感覚、姿勢がお子さんに伝わってしまったら、お子さん本人にとってもいいことではありません。

>> 満足のいく名づけをした人に共通する2つの姿勢