何気なく普段履いているその靴。意外と正しい選び方は知らないのでは? 今回は結婚式と二次会で履くパーティ用の靴の扱い方などを、銀座ワシントン本店でリペア&シューフィッターをされている鋤信一郎さんに伺ってきました。

靴を選ぶ際の大事なポイントを教えてください

一般的には、夕方から夜に靴を買った方がよいと言われますが、正確には1日の中で一番足が大きくなっている時に買うと言うのが正解です。統計的に夕方大きくなる人が多いため「靴は夕方に」が広まりましたが、最近ではライフスタイルの変化のため、朝大きくて日中動き回っているとスッキリしてくる方も増えています。

自分の感覚でムクミがあるとき、靴がキツク感じる時間を狙ってお店に行ってください。ただし、夕方から始まる結婚式や二次会で履く靴で、パーティ専用で他の時間に履くことがまずないと言うような靴を選ぶ場合、わざわざ朝買いに行く必要はないと思います。

新品ストッキングはNG?

結婚式などで必ず新品を履くという方は新品で合わせてもよいと思いますが、一般的には新品は吸湿性が悪く、肌や靴の中敷に対して滑りやすいと言う印象が出てしまうため、小さい靴を選んでしまいがち(靴の中で足が動くため)です。

できれば一回洗濯したストッキングを持って行き、試し履きに使った方がよいでしょう。靴選びとは違いますが、通常でも新品で吸湿性が悪い状態で履くと靴の中のニオイの原因になることがあります。

パーティ用の靴の傷みやすい部分はどこでしょうか?

あえて言えば全部です。パーティ用の物については、あまり日常履くことは前提とされていません。そのため、大胆でオシャレなデザインが可能になる訳です。特に底回りは弱く、ペラペラの革底や、非常に小さなリフトが付いています。

アッパー部分もデリケートで、雨などには弱い素材でできていることが多いので、取り扱いについてはお店でよく説明してもらった方がよいでしょう。やはり、日常の生活から離れ特種な世界を楽しむ靴です。
結婚式におすすめなのは右と右から2番目。レオパード柄のべっ甲のようなエナメルは、シンプルなファッションを引き立たせて履き回しがきく。 各2万3100円(税込)  左と左から2番目は定番Dウィズ・甲薄タイプの方に開発されたオリジナルブランド。 各2万3100円(税込)

結婚式におすすめなのは右と右から2番目。レオパード柄のべっ甲のようなエナメルは、シンプルなファッションを引き立たせて履き回しがきく。 各2万3100円(税込)  左と左から2番目は定番Dウィズ・甲薄タイプの方に開発されたオリジナルブランド。 各2万3100円(税込)