園時代のイヤな記憶は残る

母親と子ども
登園を嫌がる理由は何……?
でも、1.にせよ2.にせよ、どっちにしても子どもを園に送り出すことになります。「子どもがイヤだというなら、行かせない選択をしてもいいのでは?」と頭では思っても、この5月の段階で、退園や転園を考えるのは時期尚早でしょう。もう少し様子を見て、それでダメなら次の段階で考えるべきです。

ただ、子どもが嫌がるには理由があるはずです。まずは園の先生との連絡を密に取り合いましょう。マンモス幼稚園で、なかなか先生とお話ができないような場合は、子どもがその状況を負担に感じているのかもしれません。また、幼稚園で預かり保育をしている場合には、通常保育の時間で帰宅する子との違いを微妙に感じ取っているのかも。さらには、園では何かと「お約束」があり、そういうものがない家がいい!と感じている子もいるかもしれません。またあまり意識の高くない園では、体罰に近い罰があるところもあると聞いています。子どもがいやがる原因をある程度把握して、取り除くように努力することは必要でしょう。

幼稚園、保育園の頃の記憶は、意外なほど子どもの心に残るものです。子どもの心の傷にならないよう、配慮したいですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。