スウェーデンの絵本作家エルサ・ベスコフは20世紀前半に心暖まる数多くの作品を残した絵本作家です。この季節にぴったりの『ペッテルとロッタのクリスマス』他、ベスコフの絵本をご紹介します。

エルサ・ベスコフの絵本

エルサ・ベスコフは1874年にスウェーデンで生まれました。小学校の絵画教師を経て牧師である夫と結婚。その後、絵本や児童書の挿絵の仕事を始めます。1953年に亡くなるまで数多くの絵本を残しました。
ベスコフの絵本のいちばんの魅力は、「日々の暮らし」の丁寧な描写です。「いつもクッキーを焼いているおばさん」、「毎日ミルクを届けてくれるおくさん」など、人々がそれぞれ自分の得意なことで、日々の暮らしを立てている。「労働」の仕組みが複雑になってしまった現代社会において、その単純さは大人にとってもハッとさせられます。
その「日常のリズム」とも言うべきものは、ぜひ幼児期の子どもに伝えていきたいものです。

クリスマスとクリスマスの間に

『ペッテルとロッタのクリスマス』
『ペッテルとロッタのクリスマス』福音館書店 1,365(税込)
クリスマスが近いこの時期、一番におすすめしたいのがこの本『ペッテルとロッタのクリスマス』 。両親のいないペッテルとロッタの兄妹が、3人のおばさんたちと暮らすようになって初めてのクリスマスからその次のクリスマスまでを描いた作品です。
「ことしのクリスマスイブは、きょねんよりも、もっとたのしかったとおもいました。だって、プレゼントをもらうばかりでなく、みんなにもあげることができたんですもの(『ペッテルとロッタのクリスマス』より)。 」 
クリスマスとクリスマスの間に、子どもは成長する。そのシンプルな事実に大人も心を動かされます。 

「あたらしいふく」をどうやって手に入れる?

『ペレのあたらしいふく』
『ペレのあたらしいふく』福音館書店 1,155
「ベスコフらしい」絵本のひとつがこちら『ペレのあたらしいふく』 です。少年ペレの上着が短くなってきました。飼っていた子羊の毛を刈り取って・・・さあ、どうする?
服を作るためには、さまざまな人の手がかけられていること。そして、それはただお願いして作ってもらうものではなく、自分にできること(=労働)を支払いながら、得ていくものだということ。
「子どもの経済教育」というと「お金」の話に終始しがちですが、この絵本でははたらくということが、このうえなくシンプルなお話で表現されています。

北欧に伝わる「こびと」さん

『もりのこびとたち』
『もりのこびとたち』福音館書店 1,365
ベスコフの絵本のもうひとつの魅力は「自然」の丁寧な描写です。北欧に伝わる「こびと(トムテ)」「トロル」など、自然と一体となって暮らす想像上の妖精を描いた作品も、ベスコフの得意とするところです。
『もりのこびとたち』に登場するこびとの一家も、こりすやかえると遊んだり、きのこや木の実を集めたりと、自然の恵みを受けて暮らしています。  
そしてその「丁寧な暮らし」は、ベスコフの他の「人間の登場する作品」ともつながっています。「自然」と「暮らし」がきっぱりと分かれておらず、ゆるやかにひとつになっているこの世界こそが、ベスコフ作品の真の魅力なのでしょう。

ベスコフの作品は最近の絵本に比べると文字が多め(対象年齢は、「読んであげるなら」で4~5歳)なので、一見「うちの子にはまだ早いかな?」と思われるかもしれません。でも、登場する子どもたちが自分たちの意思で行動を始めるというストーリーであるため、聞いているうちに子どももぐんぐんひきこまれていくようです。
子どもにとっても大人にとっても、思い出に残る1冊になりそうです。



■関連サイト■
おもちゃは「素材」で選ぶ【幼稚園・保育園】
大人も楽しめる、クリスマス絵本【幼稚園・保育園】
☆絵本で楽しいクリスマス☆【育児の基礎知識】
クリスマスにポップアップ絵本を【幼児教育】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。