今年も「ウィーン少年合唱団」の季節がやってきました。

(C)Lukas Beck


4月23日から6月17日にかけ「ウィーン少年合唱団」が来日し、全国各地で公演を行います。今年は、団員の中に日本人の少年や日本とオーストリアのハーフ4兄弟の3男と4男も来日する予定です。

ウィーン少年合唱団の生い立ち

今から500年以上前の1498年、オーストリアの皇帝は、宮廷楽団の中に6人の少年が含まれるようにと厳命し、それがウィーン少年合唱団の礎となりました。1918年まで、合唱団は、宮廷の求めに応じて宮廷のためだけに歌っていました。

宮廷少年合唱団が共に演奏した音楽家には、例えば、モーツァルト、ブルックナーなどがいます。そして、シューベルトは団員として、ハイドン兄弟は補欠として歌っていました。

1921年に宮廷少年合唱団はウィーン少年合唱団となり、慢性的財政難から、王宮礼拝堂以外でもコンサートを開くことになり、ヨーロッパだけでなく、アメリカ合衆国、オーストラリア、南アメリカでも歌うことになりました。

ウィーン少年合唱団の活動

10歳から14歳の約100名のメンバーは全員アウガルテン宮殿で全寮制の生活をし、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナーという合唱団にゆかりのある作曲家の名がついた4つのグループに分かれて活動。宮廷音楽家としての伝統を受け継ぎ、制度となっている宮廷礼拝堂での勤務も重要な役目の一つです。1年のうち9~11週間を、世界各国への演奏旅行に費やしています。毎年ほぼ300回のコンサートを開き、50万人の観客を集めています。今回、来日するのはブルックナー組の25名。