■■ 「数の分割」の問題の考え方 ■■

まず、たいへんわかりやすい方法は、実際に数を分割して考える方法です。下の写真のようなゲームのチップなど、ご家庭にあるものをご準備ください。



例えば、みかんの問題なら12個のチップを子どもに与え、「これを、お友達の○○ちゃんと△△ちゃんと、□□ちゃんの3人に分けてくれる?」と言い、子どもに<12÷3>を考えさせます。

子どもが分かりにくいようでしたら、一緒に「○○ちゃんの分、△△ちゃんの分、□□ちゃんの分、○○ちゃんの分、△△ちゃんの分、・・・。」と言いながら、1枚ずつ配っていくことで、1人分の数がわかります。

では、次に、チップを使わずに考える、わかりやすい方法をご紹介します。(難易度は高くなります。)

 考え方1


「男の子、女の子、男の子・・・。」と言いながら、
<○と―>のしるしをリンゴにつけます。

そして、○の数を数えると、
1人分のリンゴの数がわかります。




 考え方2


「1回目配ります。2回目配ります。・・・。」と言いながら、
キャンディを人数分(この場合は3人分ずつ)、
線で囲んでいきます。

そして、囲んだ数を数えると、
1人分のキャンディの数がわかります。




 考え方3


「1、1、1。2、2、2。・・・。」と言いながら、
人数分のみかん(この場合は3つずつ)に
同じ数字を打っていきます。

最後の数字を見ると、
何回配ることができたかが分かり、
1人分のみかんの数がわかります。




子どもによって、わかりやすい方法は異なります。色々な方法を試してみてください。

次のページは>「かくれた数」の問題例です。