■■ 「かくれた数」の問題例 ■■

それぞれ、かくれている物の数を数えて、その数だけ右の箱の中に○を書きましょう。









この問題の考え方は>次のページです。