窒息事故はある程度防げる

子どもの口は意外に大きく、大きいものを丸呑みしてしまうもの
毎日のように離乳食やおやつを作るのは大変なことです。作る上で、皆さんは何に気をつけていますか?
栄養?衛生面? ……どちらももちろん大切ですね。
せっかくおいしいお料理を作るのだから、赤ちゃんの安全も考えてみましょう。
赤ちゃんの咀嚼(そしゃく=噛む力)は、まだまだ不充分ですので、きちんとした大きさ、固さのものを選んであげる必要があります。
口どけの良い食材を選んだり、喉につまりにくい切り方をするなど、ちょっとした工夫をしてあげることで、窒息事故は事前に防ぐことができます。

では、赤ちゃんが喉につまらせる食べ物は、どういうものなのでしょうか?

注意したい食べ物

お餅と、昨年事故で騒がれた、一口タイプのこんにゃくゼリーいずれも赤ちゃんにはあげないで!
喉につまらせる可能性がある食材は、
・ピーナッツなどのナッツ類、豆類
・あめ玉
・一口タイプのこんにゃくゼリー
・お餅
などがあげられます。
他にも意外なもので窒息事故は起きています。 
他にも気をつけたいものは、次ページへ