ローマの治安は?

凶悪な犯罪より、スリや置き引きの軽犯罪が多いローマ

凶悪な犯罪より、スリや置き引きの軽犯罪が多いローマ

観光都市ローマ。世界中から観光客が集まるローマには、他のイタリア地域と比べて、少々スリや置き引きなどの軽犯罪が多め。それは、ローマが危ない街……だからではなく、スリの仕事相手……つまりターゲットが多いから。

イタリアの治安は、良くもなく悪くもなく。日本と比べれば、スリ・置き引きなどの軽犯罪は非常に多くなりますが、だからと言って避けられないものではありません。ここでは、ローマの治安についてご紹介していきます。旅立つ前の参考にどうぞ!

ローマで会う確率の高い軽犯罪1 地下鉄

地下鉄B線テルミニーコロッセオ間は要注意!

地下鉄B線テルミニーコロッセオ間は要注意!

ローマで最もスリに出会う確率が高いのは、地下鉄と言われます。ローマ中央テルミニ駅を中心にA線とB線の2本しかありませんが、どちらも観光には重要なエリアを通ります。そのため、観光客の利用も非常に多く、スリの格好の仕事場となっているようです。

特に気をつけたい区間は、

  • 地下鉄A線 テルミニTermini駅⇔スペイン階段Spagna駅
  • 地下鉄B線 テルミニTermini駅⇔コロッセオColosseo駅

いかにも最初のイタリア旅行、ローマ旅行で訪れたい観光スポットが密集するエリアに停まる駅区間になります。

この区間では、プロ集団による犯罪も見かけられますので、特に注意して下さい。プロ集団、それは身の危険を感じさせるような凶悪さがないため、むしろ、まったく気づかないうちにスラれることさえあります。

カバンは抱えるなど見える範囲に持ち、常に意識を集中。貴重品をポケットに入れるのもご法度です。

 

ローマで会う確率の高い軽犯罪2 バス

ローマ市内を走るバス網は多い

ローマ市内を走るバス網は多い

地下鉄同様に、観光客の多い路線はスリが多く発生します。ローマ市内を縦横無尽に走るバスの中で、特に有名なのは、

バス64番・40番 テルミニ駅からサン・ピエトロ広場を結ぶ路線

です。地下鉄要注意区間同様に、特にご注意下さい。

 

ローマで会う確率の高い軽犯罪3 集団の子供

やはり観光客の多いところは注意したい

やはり観光客の多いところは注意したい

サン・ピエトロ大聖堂界隈、コロッセオ界隈など、やはり観光客が多く集まるエリアに出没する子供のスリ集団。段ボールなどを手に持ち、集団でワーッと取り囲まれ、驚いている間にカバンやポケットから、貴重品をスるのがパターンです。

囲まれそうになったら逃げる。もしくは大声で怒鳴る(何語でもOK)。とにかく近寄られないようにしましょう。

また同様グループの別バージョンで、赤ちゃんを抱えて小銭を要求する女性スリもいます。近寄られてアタフタしている間にスリをする……。近づかれないようにするしかありません。

 

ローマで会う確率の高い軽犯罪4 空港や駅のタクシ—

タクシー運転手さんの中にもいい人…はいるけれど

タクシー運転手さんの中には親切な人……もいるけれど

日本からダイレクトで到着するローマ空港。そしてローマ空港から直結するテルミニ駅。大きな荷物を抱え、右も左もわからないところで乗るタクシーで、悪質な「ぼる」行為が多く見られます。一時期よりもだいぶ減少しましたが、皆無になったわけではありません。

空港からローマ市内のホテルまでは40~50ユーロが相場。テルミニ駅から駅周辺のホテルまでは荷物の割増料金込みでも10ユーロ前後です。

乗ったらメーターを作動させているか確認。メーターをつけないようだったら、文句を言って(何語でもOK)すぐに降りましょう。

いずれにしても白タクは、どんな交渉をするにしても乗るのはNGです!

 

ローマで会う確率の高い軽犯罪5 観光地にて

スペイン広場、ナヴォーナ広場、コロッセオ界隈など、観光客が多く集まるエリアに出没する押し売りやローマ帝国時代の格好をした人々。以前はミサンガ(ひも状の手頸飾り)を有無を言わさず手首に巻きつけ、高額を請求。もしくは仕方ないとお財布を出している間にそのお財布を強奪して逃亡……なんてケースがよくありました(最近は減っています)。

ローマ帝国時代のグラディエーターの格好をして、記念写真を撮るように勧めてくる人たちもいます。一カット50ユーロなど、アホらしい金額を後から請求してくることがあります。無料のサービスではないと覚えておいて下さい。

その他、イタリア旅行の防犯対策もどうぞご一読を!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。