ホノルルは本当に安全なの?!

開放的なリゾート地だが、ハワイも海外。

開放的なリゾート地だが、ハワイも海外。窃盗などの発生率は全米でも高位に

多くの人が「ハワイは安全」と思っているでしょう。確かに凶悪な犯罪が少なく、比較的治安の良い場所ですが、観光客を狙ったスリやひったくり、置き引きなどの窃盗事件が多いのは事実。ただし、これらは自分の心がけ次第で回避できるものですし、防犯を意識し過ぎてガチガチになってしまうと、旅の楽しみも半減してしまいます。そこで、ハワイビギナー向けにホノルルの治安についてまとめました。快適で楽しいハワイ旅行にするための、旅のヒントです。

ワイキキのビーチや夜道など、危険はいつも身近に

ワイキキでは深夜にパトカーのサイレンが聞こえてくこともしばしばundefined(c)SHIGEKI KAWAKITA/a.collectionRF/amanaimages

ワイキキでは深夜にパトカーのサイレンが聞こえてくこともしばしば (c)SHIGEKI KAWAKITA/a.collectionRF/amanaimages

外務省の海外安全ホームページ「ハワイ安全対策基礎データ」によると、ハワイの窃盗事件は、ワイキキを中心としたホノルル市内、人気観光地のハナウマ湾、ノースショアなどのビーチ周辺、アウトレット等のショッピングセンター、ゴルフ場など、旅行者が集まる地域で日常的に発生しているそう。また、ホテルの自室に入る際の押し込み強盗、日本人女性旅行者を狙った窃盗、強姦の被害も報告されています。

ガイド自身も車上荒らしの経験があり、ホテルのロビーで荷物を投げ出して無防備に眠る人(チェックイン待ちなのでしょう……)や、夜、アラモアナ周辺のひと気のない通りで買い物袋を持って歩く女性旅行者の姿を見て、ヒヤヒヤすることが多々あります。

海外安心ホームページには、日本人の犯罪被害例、防犯対策のほか、ハワイの最新危険情報、テロ情報も随時更新されます。日本出発前に一度チェックしてみてください。 

ホノルル歩きの安全対策

ワイキキビーチでは

ワイキキビーチでは、置き引きに注意!

開放的なリゾートの雰囲気で、ハワイではついつい無防備になりがち。それでは滞在中、どんな点に気を付けたらいいのか、安全対策をピックアップしました。常識的に危険だと思う行動を避ければ、トラブルに巻き込まれることはありません。

トラブルにあう前に
まずは、日本出発前にパスポートのコピーを取り、クレジットカードの番号、有効期限、紛失の場合の緊急連絡先を控えておくと、再発行の際に手続きがスムーズです。ハワイでは現金、貴重品などは、ホテルのフロントや客室のセーフティーボックスに預けること。ホテルの客室でも貴重品を出しっぱなしにして出掛けないようにしましょう。外出の際は必要以上の現金は持ち歩かず、万一の場合に被害が少なくていいように現金は分散して保管を。

パスポートは、バーやナイトクラブへの入店、アルコール類の購入時に年齢確認のIDとして必要です。その日の予定に合わせて、コピーを携帯して現物は金庫に預けるなど工夫するといいでしょう。

荷物を置いたまま席を立たない、離れない
空港やホテルのチェックイン、チェックアウト時に置き引きにあうケースが多いようです。手続きの際は、荷物を足の間に挟むなどして防犯を。また、レストランでも荷物を席に置いたままブッフェの料理を取りに行ったり、トイレに立ったりしないこと。交代で荷物番をしましょう。席についている時も、荷物は常に手の届く場所に置いておくこと。

夜間の徒歩移動は禁物
夜遅くまで賑わうワイキキにも、暗くてひと気のない通りがたくさんあります。夜間はひとりでブラブラと歩かないようにしましょう。市バスは夜遅くまで運行していますが、夕方以降に人通りが少なくなるバス停でバスを待つのは避け、夜間の外出にはタクシーを利用するのが安全。 ただし、多くの人が乗車するアラモアナセンター~ワイキキ間はアラモアナセンターの閉館時間まで利用しても大丈夫です。

華美な服装は避ける
過度に肌を露出したり、ブランド品やアクセサリーなどをたくさん身に付けたりと華美な服装は避けた方が無難。高級ブランド店の買い物袋をいくつもぶら下げて歩くのもスリやひったくりに狙われやすいのでご注意を。

ビーチに行く時は身軽で
ビーチでは、荷物を放置したまま遊ぶのはタブー。カメラやビデオなど貴重品がある場合は、必ず交代で荷物番をすること。ワイキキビーチなら持ち歩く現金はドリンク代ぐらいにして、とにかく身軽な状態で出掛けましょう。

トイレの利用にも細心の注意を
ビーチパークなど公衆トイレを利用する場合は、周囲の環境をよく確認して利用すること。ショッピングセンターでもひと気のない奥まった場所にあるトイレは避けたほうが無難。子供をひとりでトイレに行かせるのもやめましょう。