中国行きの航空券はどう選ぶ?

航空券

航空券は異国の世界へと導いてくれる旅の重要なアイテム

航空券には大きく分けて、航空会社が一般的に販売する「正規航空券(ノーマルチケット)」、JALのダイナミックセイバー、ANAのエコ割、スーパーエコ割など 各航空会社が直売する正規割引の「PEX(ペックス)航空券」、旅行会社が流通経路を工夫して販売する「格安航空券(ディスカウントチケット)」の3種類があります。多くのケースで価格の高い順に並べると正規航空券→PEX航空券→格安航空券、になりますが、昨今のPEX航空券のなかには期間限定で、格安 航空券を下回る低価格のものが出ていることも! 各航空会社のサイトに最新情報が掲載されているので、時期の合うものがあるかチェックしてみるといいで しょう。この記事では個人旅行者が最も多く利用する格安航空券を中心にご説明していきます。

格安航空券(ディスカウントチケット)はどうして安いの?

格安航空券は、正規料金の数分の一。どうしてこんなに安いのでしょうか? そのワケは、格安航空券がツアー用として設定された運賃のチケットを「個人包括旅行」という名義でばら売りしているところにあります。格安航空券を予約するには、まずウェブサイトを利用して格安航空券を扱っている旅行会社を探します。旅行会社によって販売価格がかなり違ってくるので、複数の会社に問い合わせをして、価格を比較するのがポイントです。

中国行き格安航空券の相場

中国の格安航空券の値段は、日本の出発地、航空会社、シーズンといった各条件によって大きく変動します。便数(本数)の多い主要路線(※)は年間通じてリーズナブルな航空券が出回っていますが、ローカル路線は、比較的割高となっています。

主要路線の相場は通常約4万円、オフシーズン約3万円、トップシーズン約6万円。ローカル路線通常約6万円、オフシーズン約4万円、トップシーズン 約8万円といったところです。

最も安い格安航空券の条件は「オフシーズン」、「経由便」、「航空会社未定」となりますし、逆に「トップシーズン」、「直行便」、「航空会社指定」となれ ば価格は高くなっていきます。

※路線の多い空港

上海行きチケットが断然お得!

万博マスコット・海宝

万博マスコット・海宝

日本の21の空港と路線を結ぶ上海へのフライトがダントツにお得です。ちなみに首都北京へのフライトのある日本の空港は半数の10箇所。就航便数は上海がおよそ300便/週、北京がおよそ200便/週。いかに上海と日本が密接な関係にあるか分かると思います。ただし両者の割引率はそうそう大きな差はないので、内モンゴルなど中国北部への旅行を考える際、わざわざ上海INにするのは、時間と国内移動費の無駄に……。基本的なスタンスとしては、中国北部へは北京IN、中国中部~南部へは上海INと考えるといいでしょう。

格安航空券(ディスカウントチケット)の種類

格安航空券にも様々な種類があります。購入時にしっかりとチェックするようにしてください。

■FIX、OPEN
格安航空券は出発前に帰国日を決めて、その帰国日を変更できないFIX航空券と、決められた制限の中で帰国日を変更できるOPEN航空券があります。料金はFIXのほうがお安くなっています。

■単純往復、オープンジョー

二つの空港を単純に往復する航空券のほか、往路到着空港と復路出発空港の違うオープンジョーという航空券があります。例えば、成田から北京に飛んで、北京 から上海へ汽車で移動し、帰りは上海から成田へ飛ぶという場合の「成田→北京、上海→成田」といったもの。オープンジョーのほうが単純往復よりも高くつき ます。

格安航空券(ディスカウントチケット)の注意点

格安航空券は安いだけあって、それなりの制約があります。主な制約は「払い戻し不可」、「航空会社の変更不可」、「予約内容変更の不可」の3つです。特に 最後の「予約内容変更の不可」は注意すべき内容で、例えばパスポートを紛失した、病気になったといった非常事態であっても、航空券の内容を変更することは できません。そういった制約を理解したうえで、上手に格安航空券を利用することをおすすめします。

>>>中国の航空券・トップへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。