私らしい活動はどう探せばいいの?

あなた自身がhappy になる!そんな活動を探しましょう♪
たとえば、最近、テレビ・雑誌やネットで、あるいは通勤や通学の途中で、気になったり、イヤな印象を持った「何か」がありませんでしたか?「週明けは必ず駅の周辺にゴミが散乱していてイヤ」といった身近なことや「ニュースで見た紛争地の子どもたちの瞳が忘れられない」といったことでもいいのです。

もし、こういった思いが1つでもあって「何かできないかな」と考えたら、それがあなたのボランティアの出発点。解決のために一歩踏み出す行動が「自主性・主体性」のある活動、つまりボランティアなのです。自主的で主体的な活動なら多少のことは苦になりませんし、「誰か」のためではなく「自分」が楽しいから続けたくなります。

そしてもっと楽しくするために人とつながり、工夫を加え、活動を発展させていくことだって難しくないでしょう。つまり「自主性・主体性」のある活動なら「社会性・連帯性」、「無償性・無給性」、「創造性・開拓性・先駆性」は、自ずとついてくるものなのです。

何かを成し遂げようとすると、プロデューサーとしての手腕や、ディレクター的な発想力も必要なのです。その行動が社会のニーズを掘り起こすことにもつながり、ときには、行政や企業をリードしていくことさえあります。開拓性と先駆性をもって時代を読み、新しい何かを作りだす創造性が試されるのです。

と、書くとちょっとハードルが高そうですね。でも基本は、あなたが楽しいと思えること。活動に参加したことで、充実感をおぼえ、Happyになれること。そんな活動を探してみるといいですよ。