ボランティアってなに?

ボランティアは自分の意志で行動し、社会を切り開く活動です

ボランティアは自分の意志で行動し、社会を切り開く活動です

ボランティアは自分の意志で決意する行動
ボランティアは「自由意志で決意する」の意味を持つラテン語“VOLUNTAS”が語源とされています。奉仕活動や慈善活動のイメージがあるかもしれませんが、無償の行為や奉仕活動といった意味は含まれていません。

明確な定義もありませんが「自ら行動する自主性・主体性」、「共に生き、共に支える社会性・連帯性」、「見返りを求めない無償性・無給性」、「自由な発想やアイディアで社会を切り開く創造性・開拓性・先駆性」という4つの基本精神があります。これを踏まえた活動であるなら、決まった形はありません。
 

どんな活動がボランティアなの?

安心して暮らせる平和な社会を作るための活動です
ボランティア活動というと、障がいのある人や、社会的に弱い立場や状況に置かれている人の支援や、地球環境を守るための行動などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

でも、それらはほんの一面。ボランティアはもっと多彩で自由な活動です。地域の活動や、学校のPTA、スポーツや文化に関する行事やイベントなど、さまざまな場面でボランティアが活動しています。

ガイドは、ボランティアとは、1人、1人が互いに尊重しあい、安心して暮らせる平和な社会を築くための、個人の意志に基づいた活動と考えています。私たちの社会は多くの仮題を抱えています。それらの課題の解決のために、そして皆が安心して暮らせる社会を作るために、個人ができる小さな行動。それがボランティアです。