オール電化リフォームのメリット-3 補助金制度や電気代が安いプラン

オール電化リフォームで忘れてはならないのがエコキュート導入補助金の制度です。エコキュートを導入すると、国から補助金が貰えます。

平成22年度補助額は¥40,000、かなりお得な制度ですので、リフォームの際には忘れずに申請しましょう。但し補助対象外の給湯器もありますので、日本エレクトロヒートセンターでチェックを忘れずに。

季節や時間帯によって料金単価が異なるプランは、深夜から早朝が安い。早い時間に家事を済ませる生活の工夫で電気料金の節約ができる

季節や時間帯によって料金単価が異なるプランは、深夜から早朝が安い。早い時間に家事を済ませる生活の工夫で電気料金の節約ができる

またオール電化住宅は、光熱費を電気に一本化しますので、まずガスの基本料金が不要になります。また深夜電力を効率的に使えるので、料金プランを変えることによって、光熱費を安くすることができます。

例えば東京電力の 「電化上手」 というプランは、電気給湯機など夜間蓄熱式機器等がある場合に契約できるプランで、夜間と早朝の電気料金が格安になっています。

そこでタイマーを活用したり、早い時間に家事を済ませる生活の工夫をすれば、電気代は大幅に削減! 加えて、オール電化住宅ならではの電気料金割引制度もありますので、さらに節約することができます。

これらのプランは電力会社によって異なります。全ての情報はリフォーム前にシッカリ確認! 全てのメリットを余さず活用すれば、かなりの費用節約になります。

ただしリフォーム費用を節約しようと、工事をやたらに値切るようなことをすると、「安かろう悪かろう」 になってしまう恐れがあります。上手にコストダウンをする方法は、下記で詳しくご紹介していますので合わせてご覧下さい。
■知らないと損! リフォームを安くする方法はこちらから

【関連記事】
■オール電化のリフォームって本当に良いの? メリット ・ デメリット
■ガスがいい?電気がいい? リフォームで床暖房、本当に暖かくなる?
■給湯器はガスor電気? もう後悔しない、リフォームでの給湯器選び
■いま注目の 「リフォーム三種の神器」 とは?

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。