オールマイティ! 何でも効く、龍山寺

お線香に火をつけたら、まず本殿に背を向けてお線香をあげます

お線香に火をつけたら、まず本殿に背を向けてお線香をあげます

台北市にある龍山寺は、台湾で最も古いお寺で、多くの地元の人々が熱心に参拝に訪れています。こちらのお寺は、仏様、観音様、台湾の神様「媽祖」などなど、とにかくありとあらゆる神様がまつられているのが特筆すべきところ。龍山寺にはボランティアの日本語ガイドさんが時々いて、運よく出会えればお寺の説明が受けられます。向かって右側が入り口で、ここで売られている線香(一束10台湾元、約30円)を買うか、無料の線香をもらってお参りします。

線香は7本あるので、まとめて火をつけてから、7つの香炉を廻ります。参拝の仕方や香炉を回る順番がよくわからない場合は、参拝をしている地元の人の後ろを邪魔にならないようそっとついていって、お参りの仕方を真似てみるのがいいでしょう。

参拝は、線香を頭の高さまで掲げて3度礼をして、自分の名前、住所、生年月日を心の中で告げてから、お願いしたいことを唱えます。それから1つの香炉に1本ずつ線香を入れます。線香は香炉に投げ入れるようにすると、やけどしません。

最後の香炉まで回ったら参拝終了。線香を持っていると染料で手が赤く染まってしまうことがあるので、服を汚さないように気をつけましょう。

<DATA>
■龍山寺(ロンシャンスー)
住所:台北市廣州街211號
アクセス:MRT龍山寺駅より徒歩2分
TEL:(02)2302-5162
営業時間:6:00~22:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。