小さなお子さんやペットのいるおうち、また化学物質をなるべく住まいに置きたくないおうちでは、エコ配慮した害虫対策がのぞまれます。
小さなお子さんやペットがいる、また化学物質をなるべく住まいに置きたくないお宅では、エコ配慮した害虫対策がのぞまれます
市販の防虫剤や殺虫剤に頼らない、環境・健康に配慮したゴキブリの予防・駆除方法として、住まいを「ゴキブリにとって不愉快な」住環境に整えていくことは大変有効です。

「ゴキブリにとって不愉快な住環境」とは、すなわち「清潔な環境」。清潔な環境下ではゴキブリはストレスを感じ、万一、外部から侵入してきたとしても、落ち着いて生活できません。つまりは繁殖もできず、効果的かつラクに駆除することが可能になるわけです。具体的な方法としては以下のようなプロセスが挙げられます。

1.キッチンの整理・整頓をはかる

住まいの中でも、とりわけゴキブリに好かれ、エサ場となり繁殖の場ともなるキッチンでは、特に「生ゴミ」の一時保管・処理方法に注目しましょう。

■「三角コーナー」は置かない
生ゴミを放置しがちで不衛生になりやすい「三角コーナー」を撤去、調理中に出た生ゴミは都度、できるだけ水分を含ませないようにチラシ紙などに包んですかさずビニール袋に入れて口を縛りゴキブリの侵入をシャットアウトします。

■ストック食品の保管の際、しっかり「密閉」する
食べかけ品のずさんな扱いがゴキブリに好まれるため。一度開封してあるものは(小麦粉、干しシイタケといった)乾物を含め、なるべく全部冷蔵庫に入れるようにすればドアが「密閉」してくれるので簡単。食品の劣化も防げます。