3.景気の波をつかんでビジネスに生かせ

経済をしくみを勉強して、仕事に投資に一石二鳥

株や為替、債券、商品といった金融商品に投資するにはリスクがつきものです。でも、少しでも知識や経験・スキルを身につけることで、リスクを低くしていくことは可能です。
運用をプロに任せられる投資信託といえども、「ほったらかし」にするのではなく、どの市場に投資したらよいのか、投資する資産とどう組み合わせたらよいのかを考える力をつけるには、経済や景気の流れを先読みしていくことも必要です。

先読みをするには、世界経済の動向を探っていかなければいけません。探る方法として、日本の景気動向をみる指標、海外経済の動向を探るための指標などヒントになるものが日々のメディア報道でも多々発表されています。

例えば、国の経済力を測るGDPとその成長率を日本と諸外国と比較する、企業の活動状況を表す日銀短観の動きを観察することから始めて、経済の流れやしくみを勉強していくことにより、投資先や投資のタイミング、またビジネスチャンスを考えるきっかけになるはずです。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。