税金/税金関連情報

どうする?どう読む?住民税の納税通知書2(2ページ目)

住民税の納税通知書の読み込みの2回目です。住民税の増税要因は定率減税が廃止になったことと税率が変更になったことが主な理由ですが、金額的にデカいのは果たしてどちらなのでしょう。

田中 卓也

執筆者:田中 卓也

税金ガイド

  • Comment Page Icon

住民税増税の主たる原因の正体は

住民税の納付月は家計もタイヘン
定率減税が廃止になったこと以上に増税となった理由が、住民税の税率が変更になったことです。

平成19年度の住民税からは一率10%となったので
課税標準額426万9000円が平成19年度の住民税を計算する際にもまったく同じ数値だったとしても
● 住民税の所得割……426万9000円(課税標準額)×10%=42万6900円
● 住民税の均等割……市民税3000円、県民税1000円=4000円
(住民税の均等割りは平成18年度の住民税と平成19年度の住民税とでは変更はありません)
・年税額……43万900円
という計算結果となります。

税率が変わっただけで……

前項には平成18年度の住民税の納税通知書の記載例が掲載してありますが、下段右側に
・年税額……31万800円
という記載があることを確認できますでしょうか。

つまり、この方の住民税は税率がかわっただけで、
・43万900円-31万800円=12万100円
という計算結果となるため、平成18年度より平成19年度の住民税が12万円以上の増税となっているのです。

定率減税が廃止になったことによる住民税増税は最大でも2万円ですから、住民税の税率が変わったことによる増税分のほうがはるかに大きいといえます。

住民税が減税されている人もいる?

しかも、住民税の税率が変わったことによる増税をよく見てみると
● 低所得者には増税基調
● 高所得者には減税基調
となっているのです。

次回はそのあたりの仕組みを解説していきたいと考えています。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます