ステップ3・・住宅ローン控除、全期間で通算してみると


結局、国税一郎さんが10年コースを選択すると、住宅ローン控除のワクは160万円中137.2万円しか使うことができず、
図表:筆者作成

一方、15年コースを選択すると、住宅ローン控除のワク160万円を有効に全額使いきることができます。
図表:筆者作成

つまり、228000円も10年コース?15年コース?の選択によって差が生じているのです。

このシミュレーションは今後10年間(あるいは15年間)同じ住宅ローン控除を除いたところの所得税が同額であるということが前提となっていますが、いろいろな相談実務の現場では、相対的に所得が低い人ほど10年コース、15年コースの選択の適否による差がおおきいように見受けられます。

住宅ローン控除、10年コース?15年コース?の選択の際必ず自分の源泉徴収票とも相談してください。

【関連記事】
・平成19年源泉徴収票の読み方・所得控除編
・平成19年源泉徴収票の読み方・税額計算編
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。