株の確定申告は一度覚えれば簡単で有利

株の確定申告を覚えれば有利
株の確定申告を覚えれば有利
株式投資でかかる税金はおもに3つです。売買手数料にかかる「消費税」、売って得た利益にかかる「譲渡益税」、配当を受け取ったとき自動的に税金が天引きされる「配当税」。

この中で、株取引に関係する確定申告は「譲渡益」と「配当金」ですが今回は株式を売却した時の損益にかかわる譲渡益税について触れていきます。

確定申告は難しい,面倒だと思われる方も多いと思います。しかし、意外と簡単で知っていれば非常に得をします。知っている場合と知らない場合では何十万円も変わってきたりしますので毛嫌いせずに一度この機会に覚えときましょう。

株の確定申告の時期と場所

まず確定申告する時期ですが、2007年2月16日(金)~2007年3月15日(木)までとなります。各地の税務署に行くか、インターネット上で行います。税務署にいく場合は、土日祝日は基本的にはお休みですが、2月18日と25日はやっているところもありますのでそれぞれの税務署でご確認ください。

申告書を作成し、提出し、納税するという3手順です。ちょっと面倒なのは申告書の作成ですが、こつを覚えれば簡単です。

この手続きに入る前に確定申告をする必要があるのか否かを次のステップでご確認ください。
確定申告必要不必要チェック