離婚時の年金分割スタートして5年目、離婚率は変化した?

画像の代替テキスト
離婚分割によって妻自身の年金を夫に分割することもあり得る
「離婚したら、夫の年金の半分が受け取れることになる!」という触れ込み(?)で平成19年4月からスタートした離婚時の年金分割制度。

この離婚時の年金分割制度がスタートしてから5年目に入り、制度として定着しつつあるわけですが、

「あれだけマスコミを騒がせたけど、実際はどんな状況なのかな?」

と、興味をもたれる方も少なくないはずです。

この制度がスタートするのを待つため、右肩上がりだった離婚件数が減ったとも言われていたわけですが、制度スタート以降の離婚率はどう変化したのでしょうか?


離婚時の年金分割スタート後も離婚率に変化なし!?

離婚時の年金分割制度のスタートが離婚率にどれだけのインパクトを与えたのか、厚生労働省が発表している資料(人口動態統計)から離婚率の推移を見てみると、

平成11年  2.00%
平成12年  2.10%
平成13年  2.27%
平成14年  2.30%
と上がり基調だったのが、

平成17年  2.08%
平成18年  2.04%
と、確かに制度直前に下がっているのは事実のようです。

しかし、制度がスタートした平成19年以降を見てみると

平成19年  2.02%
平成20年  1.99%
平成21年  2.01%
平成22年  2.00%
と、制度スタート直前と比べても若干下がっている程で、この4年間の離婚率もほぼ横ばいで推移していることが分かります。

このことから、制度が離婚率に与えた影響はほとんどなかったと言えそうです。


離婚時の年金分割は、大きなインパクトはなくも着実に利用されている

最高裁判所が出した資料を見ると、平成19年4月~12月までに受理された離婚調停、離婚訴訟に年金分割が付随して申し立てられた件数は、

・離婚調停 3,921件(総受理件数40,529件)
・離婚訴訟  635件(総受理件数 7,682件)
といずれも10%に満たない件数となっています。

これを見る限り、年金分割の存在が離婚に与えた影響についても、極めて限定的と考えて良さそうです。

ただ、社会保険事務所(現 年金事務所)が受けた分割請求件数をみると、平成19年4月~平成20年7月までの16カ月で14,619件となっています。離婚率を変えるほどのインパクトはなかったものの、制度として着実に利用されていることもわかりますね。

次ページでは、離婚分割の真実の姿を簡単におさらいします。