パソコンを使う目的、利用シーンは人それぞれですが、せっかく高価なパソコンを買うのですから、中途半端な妥協をするよりは、多少高価になっても目的にあったパソコンを選ぶべきです。

というわけで今回は、使用目的別におすすめのMacを紹介しましょう。


Macをビジネス、メール・インターネット用に使うなら

ワープロや表計算などのビジネス用ソフトウェアの利用や、インターネットとメールがメインの使い方ならば、多少性能が低くても携帯性に優れたマシンを選ぶとよいでしょう。いちばんのおすすめは、性能と携帯性の両方が優れているMacBook Air

【ガイドおすすめ機種】

 

薄さと軽さを両立しながらも、1280x800の広い画面にWebカメラも内蔵しているので、そのままでビデオチャットもできます。同様に、MacBookMacBook Proなどのノートブックタイプもよいでしょう。

ソフトウェアの面でもMac OS Xに標準で搭載されるSafariは美しいフォントとジャギーの出ない画像表示、未読数を数字で知らせるRSS機能など、他のブラウザと比べても閲覧性に優れています。iLife’09iPhotoiWebに代表されるソフトウェア群は、操作が簡単でありながら高い品質の結果が得られるため、ビジネスにおいても写真を整理してネットで公開するという一連の作業などの効率化が期待できます。

ほかにもプレゼンテーションならiWork’09に同梱されるKeynoteは、他のソフトでは真似できない驚きのエフェクトが満載。


Macを写真・グラフィックス作成、編集用に使うなら

映像や写真、グラフィックなどが目的ならば、ポート類がノートブックタイプより多く搭載され、メモリが多く搭載でき、より広いディスプレイが使えるiMacMac Proなどのデスクトップモデルがおすすめです。

【ガイドおすすめ機種】

 

なお、Photoshop CS4では、Shader Model 3.0以上OpenGL2.0以上が要求されますが、Macの現行モデルのうち条件を満たさないものはありません。(旧型のMac miniやMacBookは対応しないので注意)もちろん、どのようなモデルでも性能も高ければ高いほど良いですが、特にメモリだけは贅沢に4GB以上、将来性を考えて8GB※は欲しいところ。
※MacBook ProシリーズとiMacとMac Proが対応。Mac Proの8-Coreモデルなら、最大32GBものメモリが搭載可能です

もちろん、ノートブックタイプでも外部ディスプレイを使用すれば広い画面が手に入るため、MacBook ProとLED Cinema Displayの組み合わせも悪くないでしょう。むしろマルチタッチ機能を持ったトラックパッドがあるため、Photoshop CS4のマルチタッチサポートなど、メインで使用するアプリケーションによってはそれがベストな選択になる場合があります。

ほかにも、映像編集など、暗いところで使用することが多くなるのであればバックライト搭載のキーボードが便利で、これらはMacBookの2.4GHz版とMacBook Air、MacBook Proに搭載されています。

ソフトウェア面では、標準でバンドルされるプレビューでもある程度の編集ができますし、iLife’09のiPhotoやiMoveを使えば基本的な編集や管理も簡単。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/4/0/led_mbpe.jpg
高価なMacBook ProにLED Cinema Displayの組み合わせはなんとも贅沢です