どのようにして通知されるの?

全被保険者を対象に、通知されるのは言うまでもありません。

どのぐらいの頻度かについては、1年ごとにするという案や、40歳未満は2年に1回、40歳以上は毎年というように一定年齢ごとに通知頻度を変える案などがあります。

また、年金見込額として、具体的に何を通知するかは今後検討されるところです。
例えば、次のようなことも考えられます。

現在障害になったと仮定した場合の障害年金額
過去のトレンドに沿って、今後も年金ポイントが増加していくと仮定した場合の老齢年金の見込額
現在までに獲得した年金ポイントにより、将来受給することができる老齢年金見込額


「ポイント制」の詳細についてはまだこれからですが、保険料を負担している現役時代から将来の年金額をイメージできるようになると、老後の生活費のベースは公的年金、豊かに暮らすために必要な資金は自助努力…というように生活設計もし易くなると思います。一緒に、頑張りましょう!!

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。