文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

年金とポイント、どんな関係!?

保険料は給料から天引きされてきたけれど、いったいいくらもらえるか…となると、なかなかすぐに計算することができないのが現実です。知りたくて社会保険事務所に出向いていっても、若すぎると門前払いになるのが落ち。

そこで導入されるのがポイント制というわけです。ポイント制は、給付と負担の関係がわかりやすい年金制度の構築に向けた新しい取組みとして注目されています。

ポイント制は、ドイツが行っているポイント制のように、私たち年金制度に加入している個々人の保険料の納付実績を、年ごとに点数化(ポイント化)することによって、自分がどのぐらい保険料を納付してきたかの実績が確認できますし、将来受給できる年金が着実に増加していくことを実感できる仕組みです。

何と言っても、現在の年金制度に対する現役世代、特に若い世代の理解と信頼を高めることは大切です。
「難しくって、わかんない!」「今からでは、いくらもらえるか全くわからない!」という不満を解消できる秘策として登場するのが、「ポイント制」だといえるわけです。

具体的に、どのような仕組みなのでしょうか…?