ポイント制をイメージしよう(老齢基礎年金編)

国民年金は、20歳~60歳になるまでの40年(480ヶ月)の保険料納付で80万4200円の年金が受給できます。(平成14年度価格)


40年で80万4200円ですから、1年あたりの単価は、80万4200円を40年で割れば計算できますね。

  80万4200円÷40=2万105円

保険料納付1年で1ポイントとして、この2万105円を単価としたのが基礎年金の年金額を求める式です。
 

年金額=基礎年金ポイント×単価(年金現在価値)

もし、3年間保険料を納付した人いれば、3ポイントGETできましたから、年金額は3×2万105円=6万315円になります。

どうですか?「平成15年4月1日現在、あなたの基礎年金ポイントは3ポイントです」というような通知がくれば、その時の単価さえ分かれば、簡単に年金額を計算することができますね。

次は、厚生年金の場合をみてみましょう。