もらったボーナスをどう活用する?

今からボーナスに期待している人も多いのでは?どう使うか、どう貯めるか、計画は立っていますか? ボーナスの金額も、置かれている状況も人それぞれですから、「今ならこの金融商品がお勧め!」と一概に言えるものではありません。あなたに合ったボーナス活用法を考えるために「用途を3つに分けて」、優先順位を考えて計画を立ててみてはいかがでしょうか。

もらったボーナスの活用方法

もらったボーナスの活用方法



ボーナスを3つに分けて考える

せっかくもらったボーナスを有効活用するために、ボーナスの用途を「使う(消費)」「貯める」「増やす・返済する」の3つに分けて考えてみましょう。 3等分する必要はありません。ボーナスの額やレジャーや買い物の予定、いま現在の貯蓄の状況などを考えながら決めてください。

(住宅ローンの繰り上げ返済を考えている人は、次のページの「増やす・返済する」に注意点を記載しましたのでご覧ください)
ボーナスの使い道を、3つに分けて計画を立てる

ボーナスの使い道を、3つに分けて計画を立てる


いま一番優先すべきは「貯める」

ここ数年、円安の影響を受けた値上げなどがあり、生活者の実感としては、以前よりもかなり暮らしにお金がかかるようになったのではないでしょうか。生活に必要な支出が増えれば、当然、毎月貯蓄できる金額が少なくなっていきます。このような状況下では、ボーナスはまず「貯める」から考えたいものです。

今ある資産を確認してみてください。最低限欲しい貯蓄額の目安は、生活費半年分です。人生何があるかわかりませんから、病気やケガで収入が無くなったとしても半年くらいは暮らせるお金「生活防衛用のお金」を用意しておきたいものです。それが50万円なのか100万円なのか、300万円なのかは、暮らし方や家族構成などよって異なります。自分が今、月々いくら使っているのかを考えて、その6ヵ月分の金額の貯蓄があるかどうか確認してください。

どうやって「貯める?」

生活防衛用のお金は投資ではなく、安全性の高い預貯金や個人向け国債などで貯めましょう。低金利で利益は期待できませんが、最低限キープしたいお金ですから殖やすことよりも守ることが大事です。3分の1から2分の1は、緊急時にすぐに引き出せるように普通預金に。ただし、いつも使う口座とは別の口座に移して、うっかり使ってしまわないようにしましょう。残りの2分の1から3分の2は期間が短め(1年~2年)の定期預金か個人向け国債にします。定期預金は、10万円くらいずつ別口の定期預金にしておくと、急にお金が必要になった時に必要な分だけ解約することが出来ます。

「使う」ことも大事!

お金を貯めることは大事ですが、お金を使うことも、人生を楽しむためには必要なこと。

「生活防衛用のお金のキープ」だけでボーナスがすべてなくなってしまうという人もいるかもしれませんが、そこは臨機応変に行きましょう。大半は貯めて、いつもよりほんの少しグレードアップした外食をする、近場に旅行に行く。楽しい思いをするからこそ、また半年、また1年、仕事を頑張れるというものです。

最大の出費は帰省の交通費という人もいるでしょう。慣習に従わなくても親戚づきあいに影響がなさそうなら、時期をずらして格安チケットで行くなどの方法も検討したいですね。

「増やす・返済する」は最後に

「貯める」「使う」、そして最後に「増やす・返済する」を考えます。投資に関心を持っている人もいるかと思います。

貯蓄がすでに十分にあるなら、ボーナスの一部で株式などを買ってもよいでしょう。貯蓄が十分にあれば、株式を購入した後に株価が下がっても、株価が再び上がって利益が出るで売却を待つことができます。しかし貯蓄に余裕がない人は、急にまとまったお金が必要になった場合に、値下がりしている状態の株式を売らなくてはなりません。そのリスクを避けるため、まずは増やすよりも貯めるを優先してください。

資産運用は、ボーナスよりも、月々のお給料の中から少しずつ行なうことをお勧めします。「毎月1万円ずつ、るいとうで株式を買う」「毎月2万円ずつ投資信託を買う」「毎月3万円くらいずつミニ株で株式を買う」など、少しずつ買い足していくのです。少しずつ買い足すことによるメリットについては、こちらの記事をご覧ください。

参考「欲と恐れ」に打ち勝つツール たかがドルコスト平均法!されど」

住宅ローンの繰上げ返済について

住宅ローンの繰り上げ返済も、ボーナスのうまい活用法のひとつです。金利2%の住宅ローンを繰り上げ返済して、今後支払うべき利息を減らすということは、お金を2%で運用したのと同じことになります。

冬のボーナスを繰り上げ返済に充てる際は、気を付ける点があります。住宅ローン控除を受けている場合は、繰上げ返済は数週間待って、年明けにしたほうが得かもしれません。というのは、住宅ローン控除で税金がいくら返ってくるかは、年末時点のローン残高を基準に計算されるからです。

繰り上げ返済を検討する際は、今後のインフレ・金利にも注目です。インフレは世の中に出回るお金の総量が増える状態を指しますので、物価上昇だけでなく、やがてはお給料の増加にもつながっていきます。

また物価が上がるということはお金の価値が下がることを意味しますので(例:100円で買えたガムが101円に値上がりすると、100円硬貨はガム1個分の価値もなくなってしまう)、いま重くのしかかる3000万円の借金が、インフレが進めば今ほどの重みの金額ではなくなるともいえます。

さらにインフレが進めば、金利が上がっていくことが考えられます。預貯金などの金利が住宅ローンの金利よりも高くなれば、住宅ローンの繰り上げ返済に充てるよりも、預貯金で金利を稼いだほうが得になることもあります。インフレと金利の上昇が(ある程度のスピードで)進むとするならば、繰り上げ返済する必要はないとも考えられます。

とはいえ、繰り上げ返済は借金が減るという精神的な安心感も得られますので、無理のない範囲で行うことには賛成です。ただし、繰り上げ返済のために預貯金を減らし過ぎてしまい、住宅ローンより金利が高い教育ローンや多目的ローンを使うことになっては本末転倒です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。