「貯蓄している」実感が強く得られるボーナス貯蓄

もはや定年後も働くのが当たり前の時代ですが、収入はダウンするのが一般的。とくにボーナスがなくなると、家計には相当ひびきます。例えば、再雇用先の給与が手取りで17万円、ボーナスは支給なしとします。それでも「生活費は夫婦で20万円だから、月3万円の赤字は貯蓄で何とかなる」と考えがち。しかし、定年前はボーナスで支払っていたものが、少なからずあったはず。それらは結果的に毎月の生活コストに乗るため、気がつくと想定以上の家計赤字に陥ってしまうわけです。
 
ボーナス貯蓄は貯まるスピードが違います!!

ボーナス貯蓄は貯まるスピードが違います!!




したがって、金額の大小はあるにせよ、現在ボーナスが支給されている世帯はしっかり恩恵を受けています。赤字家計が続いていればその補てんに。 年払い保険料や税金の支払い、さらには旅行やその他の不定期な支出にも大活躍です。しかし、考えてみてください。しかし、これらはすべて「支出」。それを「貯蓄」に転換できれば、将来のマネープランがグッとラクになり、結果、家計管理そのものも健全となるのです。

以前、「マネープランクリニック」に登場してくれた高橋良美さん(仮名・32歳)は、その当時、0歳のお子さんがいる専業主婦。会社員のご主人(35歳)と、都内の賃貸住宅に3人暮らしです。毎月の貯蓄額は5万円でしたが、年間貯蓄額は実に128万円。その理由は、ボーナス90万円(年間手取額)のうち80万円を貯蓄していたからです。ボーナスに対する貯蓄率は92%にも達しました(以下詳細)。

■高橋さんのマネーデータ
ボーナスをほぼ全額貯蓄することで貯蓄額は大きく伸びました

ボーナスをほぼ全額貯蓄することで貯蓄額は大きく伸びました


ボーナスの大きなメリットは、一度にまとまった額が貯蓄できるということ。貯蓄は精神的部分が作用するものです。頑張っても増えるスピードが遅いと、その意欲は徐々に薄れがち。一方、より早く増えていることが実感できると、それだけ貯蓄意識も高まります。家計管理でのそういった相乗効果がボーナス貯蓄には期待できるのです。
 

貯蓄の100%ボーナス依存はリスクあり

ボーナスをできるだけ貯蓄に回す。しかも、高橋さんのように、支給額の90%以上の貯蓄を実現させる家計術とは何でしょうか。

方法は、毎月の給与の範囲内で生活すること。それだけです。それさえできれば、貯蓄そのものがいたってラクになります。給与から貯蓄を捻出するのと異なり、日々、節約をする、何かを我慢をするということがほとんどありません。苦もなく、気がつけば貯蓄はズンズン増える。そんな夢のような貯蓄術なのです。

ただし、言葉にすると簡単ですが、実践するのはなかなか難しいと言えます。まとまった額のボーナスを「あてにする」のはごく自然なこと。たとえば、使い過ぎて赤字が出てしまった月は、貯蓄から引き出す。その分、今度のボーナスで穴埋めすればいい。人は往々にして、そう考えがちです。

もちろん、働いた対価としてのボーナスですから、家電の買い替えや家族旅行などに充てること自体、決して間違いではありません。大事なのは、そういう支出は予算として事前に額を決めておくこと。ボーナスがあるからと、無計画に支出してしまい歯止めが効かなくなる。これがもっとも避けたい事態なのです。

そして、より高い貯蓄率を目指すには、やはり目的、モチベーションが不可欠。高橋さんの場合、結婚当初は夫婦とも海外旅行が趣味ということもあり、まったく貯蓄には無関心だったとか。貯蓄意識が芽生えたのは、長女が生まれてから。さらに、2年後に住宅購入、第2子も、という目標ができ、ボーナス中心の貯蓄習慣ができあがりました。

しかし、ボーナス貯蓄には大事な注意点があります。貯蓄をボーナスに100%依存しないことです。もしも、ボーナスが大きく減額、あるいはゼロになった場合、貯蓄が全額ボーナス頼りだと、貯蓄ペースはガクっと下がります。その分を毎月の家計から捻出するのは、相当に難しいと言わざるを得ません。したがって、ボーナスとは別に、少額でも構いませんので、普段から給与からの貯蓄も行っておくことがとても大切です。

■ボーナス貯蓄のメリットとデメリット
ボーナスの特性を活かし貯蓄することが大切

ボーナスの特性を活かし貯蓄することが大切


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。