妻と話し合っても答えが見つからず、私はストレスで入院

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、多重債務に悩む40代の会社員。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)


多重債務で悩む

多重債務で悩む



■相談者
泥沼から出られないさん(仮名)
男性/会社員/44歳
持ち家・一戸建て

■家族構成
妻(パート/30代後半)、子ども2人

■相談内容
過去にいろいろな支出があり、カードローンの残債が2社で計600万円あり、その支払いが毎月7万円あります。妻のパートは7万円が限界でこれ以上仕事時間も増やせない状態です。家計は現在、ほぼ毎月赤字状態で、ボーナスでの補てんを繰り返しています。

自分は会社では管理職でストレスが多く、このまま続けることに困難を感じています。先日もストレス性の十二指腸潰瘍で穿孔し、出血もあって入院しました。また、この5~6年は「うつ」に近い状態で休みがちです。転職を考えるものの、どうやっても現状以上の収入が必要で踏み切れません。

義両親にも数年前にマンション売却のために500万円ほど借りており、その返済もずっと待ってもらっています。これ以上迷惑もかけられません。自分の父親は10年以上前に他界しており、母は自営業で細々と日々の生活をしている状態です。現在60代後半で以前に病気で倒れており、そのうち介護が必要になるかもしれません。私には妹がいますが、そちらも相手のお母さんの面倒を見るのでどうなるかわかりません。また、現在の持ち家は私が77歳まで住宅ローンの支払いがあります。退職金はこのまま順調に定年を迎えたとして800万円ほどです。

一番問題のカードローンをなんとかする必要があり、一本化を考えてあちこちに申請してますが、どこも審査が通りません。どこをどう見直せばいいのかも分からず、このままやっていけるとも思えない状況です。
妻とも何度も話し合っていますが、答えは出ません。多分、お互いに真剣味が足りないのだと思いますが、冷静な判断が出来てないと思います。アドバイスをいただければと思います。よろしくお願いします。

■家計収支データ
「泥沼から抜けられない」さんの家計収支データ

「泥沼から出られない」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)カードローンについて
A社 残高300万 金利7.5%
B社 残高300万 金利7.9%
(ともに完済まであと10年程度)

(2)自動車ローンについて
夫用/月4万2000円、妻用/2万5000円
ともに「残価設定型」

(3)住宅ローンについて
■住宅ローン
借入期間:2014年11月~ 35年返済
借入額:3650万
毎月の返済:10万5000円
金利:変動/1.075%

■外構ローン/多目的ローン
借入期間:2015年5月~ 7年返済
借入額: 260万円
毎月の返済:3万5000円
金利:3.075%
固定資産税:16万円/年
※別途、太陽光発電の収入も数万あり、固定資産税は年間数万

(4)加入保険の保険料内訳
・夫/収入保障保険(保険期間60歳まで、年金月額20万円)=保険料8万7000円(年払い)
・夫/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円)=保険料2万6430円(年払い)
・妻/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円)=保険料2万5395円(年払い)

(5)通信費について
スマホ(夫婦とも)1万2000円ずつ
インターネット 6000円
ポケットwifi 6000円

(6)夫のストレスの要因
●借金が頭にあって、常にこのことを考えている。誰にも相談できず、どうしていいかをいつも調べたりしている。

●仕事のストレスもかなり大きい。管理職のため、仕事だけでなく人間関係の調整もしないといけないのが苦痛となっている。

●夫婦関係もストレスを感じている。考え方が合わず、お互いにストレスを抱え、ときどき喧嘩になり、それが解決にもならない。

(7)ご夫婦について
以下相談者コメント。

○自分から見た自分
「本来なら、一番助けてもらえる可能性の高い、妻の実家に僕が頭を下げて、お金を借り、今の家を借家に出して、どちらかの実家に同居して、経費を削減すべきだと思います。色々な事情があり実行できていないのも事実ですが、覚悟が足りない言い訳だけの気もします。また、これだけ大変な状態になるまで、どことなく、何とかなると言う軽い考えで、ここまでにしてしまったと言う気もします。そして、自分の小遣いの範囲ではありますが、自分の心の支えみたいに、セミナーに行ったり小説学校に行ったりしています。この分は支払いに回せるのではないかとも思います」

○自分から見た妻
「特別な贅沢はしていません。ただ、子育てのストレスから食費が膨らんだり、外食が増えていることもあります。また、2~3カ月に1回、遠方の友人のところへ遊びに行っていて、この費用が毎回5万円ほどかかっています。そして、知らないうちにクレジットカードのキャッシングをしていたり、リボ払いをためていて、半年ほど前に30万円を自分のカードローンから払いました。おそらくは、いざとなったら親に頼る気なのでしょう。そして、何とかなると思っているか、考えたくないのだと思います」

(8)生活費について
相談者コメント
「自分達家族は贅沢をしていると思います。たとえば、 外食をしている場合ではないと思います。大体週に1回以上は外食です。この家に住むことも贅沢かと思います。ネットも使いすぎかもしれません。買い物も多すぎるかと思います。車もガソリン代節約の意味もありましたが、やはり、贅沢かもしれません。携帯を格安スマホにすることを考えましたが、解約するとスマホのローン残の支払いが発生します。住宅は売却しても売却赤字になります。ローン残の支払いが発生します。クルマも購入して間も無く、売却しても赤字になります。ローン残の支払いが発生します。ネットも2年縛りがあり、解約すると違約金がかかります」

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 実家に頭を下げ、支援を頼む
アドバイス2 本当に無駄な支出を見極める
アドバイス3 専門家の力を借りるのも選択肢のひとつ

アドバイス1 実家に頭を下げ、支援を頼む

相談内容、拝見しました。いろいろな状況が重なり、解決の糸口がみつからないという状況ですが、家計建て直しのために何をもっとも優先すべきか。それは、世帯収入の大部分を得ている、相談者=ご主人の健康です。

今、ご主人が倒れてしまったら、家族の生活そのものが危うくなります。大袈裟ではなく、小さいお子さん2人が路頭に迷うかもしれません。したがって、まずは健康の維持。とくに気になるのがストレス。仕事でも家庭でも、いろいろ頑張っていることは十分伝わります。しかし、それが思うようにいかず、ストレスを生んでいるわけですが、それを今後はなるべく抑えるように努めることが大事になります。

それを踏まえて、何から手を付けるべきでしょうか。家計を見直す余地はもちろんありますが、より即効性のある手だてとして、奥様のご実家を頼るしかないと考えます。

もっとも理想的な形は、お子さん2人をご実家に預け、面倒を見てもらう。奥様はパートからフルタイムに仕事を切り替え、ご夫婦は生活の無駄を省き、カードローンをどんどん返済していくという方法です。

ただ、ご実家に預けるのが諸事情で無理であれば、お金を借りるしかありません。できればカードローンの残債全額、少なくとも300万円は借りたところ。すでに奥様の実家からは500万円を借りていてまだ返済をしていない上、さらにそんな大金を借りられるかどうか。経済的にも心情的にもきびしいとは思いますが、とにかく正直に現状を話し、頭を下げる。そして2年程度は返済を待ってもらう。そのかわり、返済計画書も提出し、必ず返済すると約束する。できれば、一刻も早く行動に移してください。

もし支援が可能になれば、少なくとも家計不安は大きく軽減されます。ご主人のストレスもかなり取り除かれることになるはずです。では、支援が無理となった場合はどうするか。それは後ほど触れます。

アドバイス2 本当に無駄な支出を見極める

ご実家からの支援依頼と同時にすべきことは家計の見直しです。
家計がこのような状態になったのは無論、多重債務がその要因です。住宅ローンに外構ローン、自動車ローンが2台分、そしてカードローン。毎月の返済が27万6000円。月の世帯収入の68%、児童手当を除けば73%を占めます。苦しくなって当然です。実は、住宅ローンと外構ローンだけなら、相談者の家計は、年間100万円はラクに貯められるだけの収入を得ています。したがって、家計の見直しは当時に、しかもドラスティックに行わなくてはなりません。

まずはクルマ。どうしても2台必要でしょうか。2台あれば便利だけど、家計を考えて1台で何とかやりくりしている。そういう世帯は、いっぱいあります。現状でどういう使い方をされているかは不明ですが、まずはご主人のクルマを手放してはどうでしょう。通勤に不可欠なら、例えば奥様に送ってもらうとか、原付、健康を考えれば自転車という方法もあるかもしれません。無理と決めつけず、工夫をしてみてください。手放してもローンは多少残るでしょうが、それはやむを得ません。手放すことで1台分のローンがより早く完済でき、維持費も半分近くに減ります。

次に通信費。格安スマホか携帯でもいいのでは。現在のスマホ契約を解約してもローンの残債を支払うことになるとのこと。しかし、それを支払い続けても、トータルの通信費が安いなら、それを選択すべきだと思います。ポケットwifiも不要となれば、通信費はさらに下がります。

一方、「週1回の外食は贅沢」とありますが、クルマや通信費ほど贅沢とは思いません。外食は家族がいっしょにくつろげる貴重な時間であり、それでストレスが緩和できるなら、無駄ではない支出だからです。保険も、現状を考えれば、見直すことはできません。このまま継続してください。

問題は、奥様の旅行や趣味への支出です。現実からの逃避なのか、そのことで気持ちのバランスを取っているのか。原因はわかりませんが、ご実家から資金援助を受けることができれば、安心感からさらに支出がエスカレートするかもしれません。もしそうなれば、家計の見直しも意味がなくなります。ですから、少なくとも、支出を減らす方向で、根気よく話し合うべき。現状では、お子さんの教育費がまったく用意できません。そのことを伝え、家計の見直しを夫婦で進めていく道を探ってください。

アドバイス3 専門家の力を借りるのも選択肢のひとつ

最後に、ご実家からの支援が不可能となった場合ですが、私は「任意整理」を選択すべきだと思います。自己破産や個人再生と異なり、裁判所が関与しない債務整理の方法です。手順としては、弁護士や司法書士が代理人となり、無理のない返済方法を貸し手側と交渉していきます。原則、利息がカットされるため、支払額そのものの軽減が期待できます。

銀行系カードローンでも、任意整理は行われていますが、相談者の希望どおりに進むとは限りません。一定期間、新たな借入もできなくなります。当然、任意整理を行うためのコストも発生します。それでも、自力での再生がきびしい以上、専門家の力を借りるしかないのではないでしょうか。

任意整理と聞いて、そこまでしなくても、と思うかもしれません。しかし、これまで改善できず、逆に債務が増えていく現状を、やはり軽く考えるべきではないと思います。ご実家からの支援も受けられないなら、一度、弁護士や司法書士に相談してみることをお勧めします。

相談者「泥沼から出られない」さんから寄せられた感想

色々とアドバイス頂きまして、ありがとうございます。妻と再度話し合いました。やはり、実家に頼むのはダメでしたが、フルタイムで働く事を考えてくれました。格安スマホにする、車を売る所までは大丈夫でした。しかし、自分の車を売ると残債が200万位になりそうなので、妻の車の方を売る事にしました。妻の車も売ると残債で100万程度になりそうで、まずは100万円貯めてから売ることにしました。勿論、余剰金は全て返済に回し、100万円の借り入れができる状態になったらすぐ売るつもりです。旅行は妻の心の支えなのでゼロではなく、回数を減らすことを考えてくれました。自分も残業を増やし、世帯収入を上げていきます。


教えてくれたのは…… 
深野 康彦さん  

undefined

 

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武



【関連記事をチェック!】
37歳貯金0。夫がうつ病で無職。月23万あればOKだが
30歳、消費者金融で2度借金。返済生活は10年以上
36歳子ども2人。貯金ゼロで毎月7万円以上の借金返済
45歳借金500万円。買い物が止まらない最低な自分です
36歳毎月10万円の赤字。貯蓄ほぼ0円で親からの借金も



月々の保険料を見直しませんか?

近くの保険相談窓口を探す(無料)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。