散財好きの夫と喧嘩が絶えません、子どもも3人欲しい

undefined

 

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅購入後、3人のお子さんを欲しいと考えている30代の会社員の方。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
もちこさん(仮名)
女性/会社員/30歳
栃木県/持ち家・一戸建て

■家族構成
夫 (会社員/32歳)、子ども(2歳)

■相談内容
昨年末、5500万円の一戸建てを購入、4600万円のローンを組み、貯金も頭金や諸費用でほぼ底をつきました。共働きのため、私が働いているうちは貯金もこれから増やしていけるかなと考えていますが、お金を使うことが大好き(投資、ゴルフ、自己啓発など)な夫と日々お金のことで喧嘩になります。私はあと2人子どもがほしいと考えていますが、育児休暇中は貯金もできず、家計は赤字になりそうなことと、新居で思ったより生活費(電気・ガスともに月1万アップ)がかかり、不安に感じています。とにかく今貯金がないので、不安で仕方がありません。ただ、一方で、せっかく新居を購入したのにそのせいで窮屈な思いをしたくないし、させたくないとも考えています。今後、どのような家計のバランスで、毎月どのくらいの貯金額を目安に生活していけばよいか相談させていただきたいです。

■家計収支データ
「もちこ」さんの家計収支データ

「もちこ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)加入保険の内訳
・夫/医療保険(終身保障終身払い、生活習慣病特約、先進医療特約、がん通院特約など)=保険料2250円
・妻/医療保険(終身保障終身払い、生活習慣病特約、先進医療特約、がん通院特約など)=保険料2500円
・夫/低解約返戻金型終身保険(死亡保障1000万円、60歳払込終了、61歳時の解約返戻金763万円)=保険料・年20万円(年払い扱い)
・妻/低解約返戻金型終身保険(死亡保障380万円、45歳払込終了、46歳時の解約返戻金222万円)=保険料・年12万円(年払い扱い)

(2)ボーナスの使いみち
保険料支払い32万円、夫婦の小遣い12万円、残りは貯蓄予定

(3)住宅ローンの内容
物件価格/5500万円、借入額/4600万円(共有名義/夫・3050万円、妻/1600万円)、変動金利/金利0.57%、返済期間35年間
(できれば20年でローン完済したいという希望あり)

(4)今後の住宅コスト
今後5年ほどは外構の追加工事(カーポート等)で年間100万円程度の出費を予定。妻は、身の丈に合わない買い物だったのではと思いつつ、新居を購入したのにそのせいで窮屈な思いをしたくないし、させたくないとも考えている。一方、夫は、庭にゴルフの練習場を設置したりと、まだまだ家にお金をかけたいと考えているとのこと。

(5)娯楽費の内訳
帰省10万円×年2回、海外旅行×年1回、国内旅行×年1、2回、および両親が遊びに来たときの費用、冠婚葬祭費などの月割額

(6)家族の小遣いの内訳
夫/3万5000円、妻/3万5000円
夫は弁当持参。妻は2万5000円ほど余るため、貯蓄に回している。

(7)昇給
少なくとも妻の昇給はない。夫は現在、月3万円の通勤手当が支給されているが、6年目からは無くなる予定。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 現状の貯蓄ペース維持が「子ども3人」の条件
アドバイス2 ボーナスからの貯蓄が大きなポイント
アドバイス3 予算枠を決め、それを徹底していく
 
アドバイスの詳細はこちら>>