59歳、携帯料金とカード払いの滞納通知が。貯蓄もなくなりました


皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回は、定年間近で家計赤字に頭を抱える59歳の男性。ファイナンシャル・プランナー、平野泰嗣さんが担当します。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

【アニメ動画でもお悩み解決方法をご覧ください】




■相談者
「きみりん」さん(仮名)
男性/会社員/59歳
東京都/持ち家・マンション

■家族構成
妻(55歳/主婦)、長女(18歳/高校生)

■相談内容
毎月3万円ほど赤字です。これまで貯金でまかなっていたのですが、長女の大学資金でそれもなくなります。先日、携帯料金とクレジットの支払い分が残高不足で引き落とされず、滞納通知が届きました。マンションのローンは2000万円も残っています。最近は、残業がなくなりました。私は今年10月に定年です。再雇用で5年間働きたいと考えていますが、それでも今後、どうやって暮らしていけばよいか、途方にくれています。また、退職金と企業年金の一括取得で、住宅ローンの繰上返済も考えていますが、どの程度すればいでしょうか。

■家計収支データ
「きみりん」さんの家計収支データ

「きみりん」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)給与、ボーナスについて
残業代がつく場合は平均、月7万円ほど手取りがアップした。ボーナスは半分が住宅ローン、残りは生活費赤字部分の補てん。

(2)定年と定年後の収入
退職金/1570万円、企業年金/978万円(一括支給の場合)再雇用後の給与・ボーナス/現在の60%程度

(3)住宅ローンの内容と返済計画
当初借入額:3960万円 借入開始年:1995年 返済期間:35年
今の金利:0.975% ローンの種類:変動 過去の繰上返済:無し
ローン残高:1930万円

定年後、少なくとも退職金でボーナス払い部分の残高、約1000万円を一括返
済、あるいは企業年金を一括取得して全額返済を考えている。

(4)長女の大学費用
初年度128万3500円、2年目以降は年100万円ほど、他に教科書等で30万円トータルで約460万円。学費には今もっている貯蓄と学資保険200万円(今年3月満期)を充てる予定。

(5)保険について
・夫/終身(60歳払い済み、死亡1300万円)=保険料1万442円
・夫/がん(終身、入院5000円)=保険料1400円
・妻/個人年金(60歳から10年確定、年間48万円) =保険料9000円
・長女/学資保険(18歳満期、満期金200万円)=保険料1万円

(6)妻が働くことについて
これまで何度となくパートはしている。目的は家計の足し、赤字補てん。しかし、結婚当初、働かなくても食わせてやるという発言をしたため、自分からは働くよう頼みづらい。また、妻もできれば働きたくないと「きみりん」さんに言っている。

■FP平野泰嗣の3つのアドバイス
アドバイス1 本当の支出を洗い出し、老後対策につなげる
アドバイス2 カード利用の内容把握と、自分たちなりの限度額を決める
アドバイス3 繰上返済は月払い分とボーナス払い分を按分すると効率的

 
アドバイスの詳細はこちら>>