一生DINKSを選ぶ積極派は、実際は少ない!

2人だけの食事
一生2人で楽しく暮らしたい!と考えるDINKSカップルは、少数派!
積極派DINKSはどれくらい、いると思いますか? 国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」(2002年)による意識調査の結果から見てみましょう。妻が50歳未満、結婚後10年未満の初婚同士の夫婦の内、理想子ども数を0人と答えた夫婦(子どもは、いないのが理想と答えた夫婦)の割合は、僅かに2.3%でした。また、予定子ども数を0人と答えた夫婦(子どもを生む予定はないと答えた夫婦)の割合も4.3%であり、DINKSが理想と考える夫婦は、ごく少数派のようです。


「やっぱり、子どもは欲しい!」がホンネ

内閣府が行った意識調査では、「子どもを持つことで豊かな人生を送ることができる」と考える人の割合は、子どものいない既婚男性では54.1%、子どものいない既婚女性でも47.6%で、子どものいない夫婦の約半分が、「子どもがいた方が、豊かな人生を送ることができる」と考えていると言えます。

<結婚して子どもを持つことに関する意識調査>
グラフ1
結婚をして実際に子どもがいる夫婦の場合「子どもを持つことで豊かな人生を
送れる」と考える人の割合は更に増加します。実際に子どもを育てた実感から
の回答でしょう。

いくつかの意識調査を見てみると、「今は子どもがいないけれども、いつかは子どもを生みたい」と考えている夫婦が多数派であると言えます。世間の人から、「早く子どもを生みなさい!」とよく言われますが、「私たちにだって、いろいろ事情があるんだ!」というのが、大多数のDINKSカップルのホンネでしょう。


DINKSが、子どもが欲しくても実際に持てない理由は?