タイプ別、DINKSのマネープラン

2人で相談
まずは、2人でよく話し合って人生設計を。それからマネープランを立てましょう!
■積極派DINKSの場合
人にはそれぞれ価値観があります。周りからの風当たりが厳しいかもしれませんが、胸を張って生きていきましょう。そんな2人が、マネープランで注意しておきたいことは2つです。1つは、「万が一預金」を作ることです。今は、2人の収入で不自由のない生活を送っているでしょう。でも、夫婦の一方が働けなくなる場合も考えられます。また、数年後に「子どもを生みたい」と思う時が来るかもしれません。そんな時のための十分な備えは必要です。

もう1つは、「老後の備え」です。老後は子どもがいませんから、自分たちのことは最後まで自分たちで面倒を見なければなりません。早い段階から老後への備えを真剣に準備する必要があります。

■中立派DINKSの場合
新婚当初は、誰しも夫婦2人で楽しく過ごしたいと思うものです。でも気づいたらアッという間に数年経過。いざ子どもができた時に、「もっと貯金をしておけばよかった」なんて後悔するかもしれません。また、そのまま年を取って、子どもを持たないという選択をしなければならない可能性もあります。いずれにしても、夫婦の話し合いの機会をできるだけ設け、早めに2人の将来設計をする必要があります。

■消極派DINKSの場合
「子どもは生みたい、けれどもお金が心配!」と思っているDINKSの場合、「お金が心配」と思っているだけでは、先に進みません。具体的にいくらかかるのか数字化してみることが大切。数字化すれば、目標を決め、目標に向かって2人で協力することができます。

子育ての費用を具体的に準備するのと同時に、妻が出産のために会社を辞めた場合の再就職のことを考えて、妻のキャリアアップの方法や資金も念頭に置く必要があります。夫から見れば、「なんでそんなことも……」と思うかもしれませんが、子育てに妻の収入が必要ならば、妻のキャリアは、夫婦共通の問題として捉える必要があります。


DINKSカップルの未来は、可能性無限大!

今回の記事では、DINKSの実態を明かし、それぞれのタイプに合ったマネープランをいくつか紹介してきました。多くのDINKSカップルは、端から見るほど気楽な生活をしていない、というのが実態です。

でも、確実に言えることは、「DINKSは、人生の選択肢を多く持つことができ、最も可能性のあるライフスタイルである」ということです。なぜなら、人生の夢や目標を実現するにはやっぱり「お金」が必要。1人の収入よりも2人の収入があれば、早く夢を実現するのに必要な「お金」を手にすることができます。そして、夢や目標を実現するには1人で挑戦するよりもパートナーの協力を得て挑戦する方が実現の可能性は高くなります。そう思えば、やっぱりDINKS生活も捨てたものではありません。

この「DINKSのためのマネープラン」のガイドサイトでは、可能性無限大のDINKSカップルの夢の実現のためにマネープラン情報を引き続き提供していきたいと思います。


【関連リンク】
・共働き夫婦の生活費の分担、どうしている?
・出産・教育資金、どう準備する?
・DINKSのお財布事情どうなっている?
・子育てにかかるお金(All About子育てにかかるお金)


■「DINKSのためのマネープラン」ガイドがお送りするメルマガでは、「2人で、楽しく充実した人生を送りたい!」と願うDINKSの皆さんに、夢の実現をサポートするための最新情報をお届けしています。
==> ガイドメールマガジンの読者登録はコチラから!!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。