葬儀社の個性を見抜く一番いい方法

葬儀社へ問い合わせをすると、どこも口を揃えて「我社は宗旨・宗派問わず、家族葬から団体葬までどんな希望にも対応しています」と言っています。

でも、本当にそうなのでしょうか? 伝統的な手法を重んじる葬儀社もあれば、新しいことを取り入れていく葬儀社もあります。参列者が数百人規模の団体葬が得意な葬儀社もあれば、こぢんまりとした家族葬が得意な葬儀社もあります。つまり、葬儀社にも個性があるわけです。しかし、パンフレットやホームページを見ただけで葬儀社の個性はなかなか伝わってきません。だから「葬儀社選びは難しい」のです。

葬儀社の個性を見抜く一番いい方法は、数社の葬儀社に事前相談することです。葬儀の事前相談をすることで費用の概算を把握でき、葬儀の内容を比較検討することができます。

相談する際は、葬儀の内容のチェックだけでなく、スタッフの人柄もチェックしてみてください。担当者は必ずしもベテランである必要はありません。多少不器用でも、死に対する思いを厳粛に受け止め、真摯に対応してくれる担当者であれば安心して任せられるケースもあります。

相談する方法はメールや電話でもかまいませんが、やはり一番ベストな方法は直接会って話をすることでしょう。