葬儀社選び、費用だけにとらわれるのは危険

葬儀費用だけでなく、サービスや対応などを比較したうえで葬儀社を選定したいものです
葬儀費用だけでなく、サービスや対応などを比較したうえで葬儀社を選定したいもの
最近は費用を明確に提示する葬儀社が増えてきました。希望条件を入力して送信すれば、自動的に見積書が送られてくる……そんなサービスをインターネット上で行っている会社もあります。あらかじめ葬儀費用の見当をつけておくことは大切なことですが、費用だけで葬儀社を選ぶのはオススメしません。

葬儀社の仕事は単に祭壇や備品を提供することではなく、最後のお別れをするお手伝いをすること。費用だけにとらわれてしまうと、経験上、次のようなひどい葬儀社に遭遇してしまうことも考えられます。
  • 手垢だらけの使いまわし受付備品しか準備しない葬儀社
  • スタッフの身だしなみやマナーに無頓着な葬儀社
  • 葬儀の最中なのに、裏でタバコを吸って休憩しているスタッフがいる葬儀社
  • ご遺体や遺族に対して文句ばかり言っている葬儀社
このように手を抜いたり死に対しての意識が低い葬儀社は、まだまだたくさんあります。一方で、備品の管理、スタッフ教育などを行い、少しでもいいサービス、いいお別れができるように努力している葬儀社もたくさんあります。また、遺族の要望に対して適切な提案をすることはもちろん、大切な方を亡くされた遺族の心のケアまで大切に考えている葬儀社もあります。