REITの登場によって、不動産投資はグッと身近なものになりました。REITの魅力のおもなものは、安定的な収益が見込めること、不動産特有の流動性の低さを解消していること、少額からの投資が可能であることなどでしょう(流動性の魅力については、「REIT投資 3つの魅力はこれだ! 」でお伝えしています)。しかし、魅力あるものにはリスクがあるもの。REITも決して例外ではありません。

REITのリスクの代表的なもののひとつは、元本保証がないということ。安定的とはいえ、分配金についても保証はありません。今回は、数あるREITのリスクの中からこのことについて触れたいと思います。

【記事のインデックス】
REITはミドルリスク・ミドルリターン? ……1P目
「売れる保証」なし……2P目
「価格の保証」なし……2P目
「利回り保証」なし……2P目

REITはミドルリスク・ミドルリターン?

REITはミドルリスク・ミドルリターン?
REITはミドルリスク・ミドルリターン?
上場以来、「REITは、ミドルリスク・ミドルリターンである」と言われてきました。しかし、昨年春~夏以降、ほぼ全てのREITで投資口価格が大きく下落。REITの価格動向を示す東証REIT指数を見ても、昨年5月末から大きな下げには驚かざるを得ません。

たとえば、J?REIT最大の銘柄である日本ビルファンド。日本ビルファンドの投資口価格は、昨年の春あたりに200万円近辺を推移していましたが、今年4月に入ってからは120~130万円を行ったりきたり。1年の間に、ここまで投資口の価格が下落することを考えると、「REITは、ミドルリスク・ミドルリターン」とは言い難いかもしれません。

具体的なリスクについて次ページで見てみよう。