出産から1年で約90万円?

0歳第1子にかかる年間子育て平均費用(円) 保育費は保育所に通っている対象者人のみ回答。上記の費用別金額は対象者全体による平均値。 (出典:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」)

0歳第1子にかかる年間子育て平均費用(円) 保育費は保育所に通っている対象者のみ回答。上記の費用別金額は対象者全体による平均値。
(出典:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」)

出産後にかかる費用を見てみましょう。上の表は、内閣府が調査した「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」の中の、0歳第1子にかかる年間子育て費用です。

出産後から1年間で、合計93万1246円もかかっています。意外と多いことにびっくりします。

生活費としてプラス月4万5000円は覚悟

第1子の出産は何かと物入り。赤ちゃんを育てるために買い揃えるものがたくさんある。また、離乳食などの食事代もかかることに

第1子の出産は何かと物入り。赤ちゃんを育てるために買い揃えるものがたくさんある。また、離乳食などの食事代もかかることに

上の表をもう少し詳しく見てみましょう。 子育てに絶対必要な項目が、衣類・服飾雑貨費8万8513円、食費11万1126円、生活用品費22万2491円、医療費1万2608円あたりでしょうか。この3項目だけだと合計で43万4738円です。

赤ちゃんのためのもの(哺乳瓶など)や衣類にたくさんのお金が必要になることがわかりますね。1カ月平均3万5000円程度になります。

また、今後必要になる教育費を考えて、0歳から教育費の積み立てなどをしておくと安心です。この統計では子どものための預貯金・保険として22万1193円。月平均で1万8500円といったところ。最低でも月1万円は預貯金にあてたいですね。

1カ月3万5000円の生活費と1万円の貯金、合計4万5000円は赤ちゃん費として用意しておきたいところです。年間でも最低50万円は用意したいですね。

1歳以降も年間50万円の出費は覚悟

ここまで、出産から1年間の0歳の子育て費用を見てきました。1歳以降の育児費はどうなるでしょうか?

同じく、「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」によると、第1子1人あたりの1年間の子育て費用は、1歳で87万8040円と0歳より減るものの、2歳で94万2715円と増え、6歳では121万5243円にもなっています。

0歳から比べて、食費なども多くなりますし、習い事やおけいこ事、幼稚園などの費用などがプラスされるためです。子育てにかかる費用は増えていくということですね。

ここまで、妊娠・出産・子育てにかかる費用をみてきました。費用の多さにびっくりした方も多いのではないでしょうか? 出て行くお金ばかりに目を奪われますが、入ってくるお金もありますよ。 次のページでは、出産や育児で給付されるお金をご紹介しましょう。