仕事・給与/仕事・給与関連情報

初任給 業種、学歴でどれだけ違う?(3ページ目)

新社会人にとって心待ちな「初任給」。就職活動中の学生も気になるところです。この初任給、業種や学歴でかなり差がありますよ。意外な業種が高額だったり、男女差が逆転したりしますよ。

福一 由紀

執筆者:福一 由紀

ファイナンシャルプランナー / 仕事・給与ガイド

  • Comment Page Icon

大学院卒初任給、女性と男性ほぼ同じ

<平成23年初任給の調査結果>undefinedundefined(単位:千円)

<平成23年初任給の調査結果>  (単位:千円)
平成23年の初任給を業種別、学歴(大学院、大学)別、男女別にまとめたもの。男性の初任給を100とした時の女性の初任給を見ると、大学と大学院ではかなり様子が変わっている
(出典:厚生労働省 平成23年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

 
初任給を男女別に見てみましょう。大学卒の初任給では、男性205,000円、女性197,900円で7,100円ほど男性のほうが高くなっています。男性を100としたときに女性は96.5でした。

ところが、大学院修士課程卒となると話は違ってきます。男性は233,900円、女性は237,300円となっています。男性を100とした時、女性は 101.5です。こちらでは女性のほうが高額になっていますね。学歴があがると、賃金の男女差がなくなっているようです。


大学院卒、金融・保険業、女性が男性より4万円高い

大学院修士課程卒業で男女の初任給の差を見てみましょう。新規学卒採用者が少ないため一概に比較はできませんが、サービス業では男性218,600円、女性235,400円となっており、女性が約7%も高くなっています。
他にも、建設業、情報通信、学術研究、専門・技術サービス、医療福祉は、大学院卒の女性の初任給が、男性の初任給を上回っています。


大学卒、情報通信、運輸・郵便、医療・福祉では女性が高

最後に、大学卒の初任給の男女差を見てみましょう。情報通信、運輸・郵便、医療・福祉では、わずかですが女性のほうが高くなっています。特に、情報通信や医療・福祉では大学院卒でも女性のほうが高くなっていました。特にこれらの業界では男女差がなくなってきているようですね。

生活関連サービス,娯楽業は男性222,200円に対して女性202,400円。その差19,800円です。学術研究,専門・技術サービス業は男性248,300円に対して女性227,700円で20,600円の差がでています。この2つの業種は、男性の初任給に比べて女性は2万円近くも低くなっています。1割近くも減少しているのは見逃せませんね。

いかがでしたか? 初任給といっても、業種や学齢、男女で差があることがわかりました。初任給だけで、これからの収入が決まってしまうものではありませんが、チェックしておいて損はないですよ。

【関連記事】
初任給の相場は? みんな何に使ってる?
都道府県別・初任給ランキング
学歴・業種別初任給平均
給与年収ランキング
あなたは高い?低い?年齢別給料平均額
ボーナスランキング情報
気になる!給料・ボーナス最新情報

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます