最新データはこちら>>>都道府県別の初任給ランキング【最新版】

初任給
学歴や職種などで変わってくる初任給。地域での差はどうなっている?
就職活動をしていると、つい比べてしまうのが「初任給」。会社の新入社員に対する待遇という観点でもチェックをする必要があります。

以前の記事「初任給 業種、学歴でどれだけ違う?」でも紹介したように、初任給は業種や学歴で大きく変わってきますが、さらに地域によっても差があることが分かります。都道府県別の初任給の平均データを見てみましょう。


都道府県別の初任給トップ3は東京・神奈川・愛知

平成23年 都道府県別の初任給の平均

平成23年 都道府県別の初任給の平均 
都道府県別の初任給の平均額(大学卒)を金額順に並べ、トップ10とワースト10を抜き出したもの
(出典:厚生労働省「平成23年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」)


上の表は、平成23年の初任給(大学卒)の都道府県別平均額を金額順に並べ、トップ10とワースト10を抜き出したものです。1番高額なところが東京都で222,800円。続いて神奈川県、愛知県と続きます。この上位3エリアが20万円を超えています。

また、4位以下も関東、関西、中部エリア周辺となっています。例年通り日本の3大工業地帯(京浜、中京、阪神)の周辺が多く入っていますが、今年はそのエリア以外にも山梨県、宮城県、滋賀県、広島県が入っています。地場産業が栄える都市がランクインしているようですね。

今年の特筆すべき点は、東京都との格差が一段とひらいていること。昨年の同じデータでは、上位10都道府県は格差が5%以内でした。ところが、今回の調査は2位の神奈川県でも9%の差。8位の宮城でもでも12%の格差です。大企業の本社がある東京都の一人勝ちといったところですね。


九州地方は低く、東京の8割以下

表の右側は、初任給の平均が低かった10の都道府県です。秋田県が一番低く157,300円。なんと、東京都の71%で3割近くさげています。次に沖縄県、鳥取県、大分県、愛媛県、熊本県と九州、山陰、四国地方が続きます。

特に九州・沖縄地方の低さが目立ちます。8県のうち、初任給平均額ワースト10に入っているのが、沖縄県、大分県、熊本県、宮崎県、佐賀県の5県。いずれも17万円台 です。また、長崎県も上の表にはのっていませんが、平均178,300円で36番目、鹿児島県が180,500円で34番目でした。 残る福岡県は17位で190,400円。九州地方は福岡県を除いて厳しい結果となっています。

都道府県でこのような格差がありましたが、男女別にみるとまた違った見方ができますよ。次ページで詳しくみてみましょう。